まさか!? 家具量販店「IKEA」公式のターンテーブル、発売へ。Teenage EngineeringとコラボでDJギアを開発中‼︎

IKEAが目指すワンストップショップの未来系、その第一歩にパーティアイテムが必須な理由とは
SHARE
2018.03.16 08:00

IKEAでパーティを始めよう‼︎


スウェーデンの家具量販店、日本でもおなじみのIKEA(イケア)が、同じくスウェーデンのシンセサイザーメーカー、Teenage Engineeringと共同でターンテーブルの開発を発表し、2019年の2月より販売が開始される予定だ。



FREKVENS(フレクベンズ)と呼ばれるこのラインアップはレコードプレーヤーの他にもパーティ用の照明やスピーカーなど、簡単なパーティを開催するには充分なアイテムが出揃うようだ‼︎





IKEAが目指すワンストップショップとは?

IKEAの代表は今回のプロジェクトについてこう語る。


「今回のラインアップは特に若い世代の購買意欲を掻き立てるものだ。そのためにはパーティに必要なものも全て一箇所で買い揃えられるようにならなければいけない」


例えばホームパーティなどでもそうだろう、まずはお皿を揃え、グラスを買い、テーブルクロスやキャンドル全てが今のIKEAで揃えることができる。さらに追加してIKEAで音楽も探せるように、若者たちがパーティをするために必要な全てのものがIKEAで揃うように、というビジョンだ。



伸び続けるアナログレコード市場

アナログレコードの市場規模は2000年代で最も高く、10億ドルにもおよび、低迷期の約8倍にまで伸びている。しかもそのリバイバルを支えるのは懐古主義の年代ではなく、若者がメインだ。そんなアナログレコードの音の再現度と芸術性が最注目され、リスナーの間で高まるターンテーブル熱‼︎ 


レコードプレーヤーの開発に乗り出したのはIKEAだけではないが、IKEAの場合はそのターゲット層に対してすでに家具でファンベースがあるだけに、多彩な展開ができるだろう。世界中で発売されるとのことで日本でも手に入れられそうだ‼︎ そんなFREKVENSコレクションのプロモーションムービーもすでに公開されている。



ターンテーブルを含む22の商品ラインアップの多くの詳細は明かされていないが、家具のIKEAらしくある程度は組み立て式になるのだろうか? それはそれで構造がわかるので面白いかもしれない。1年後のリリースに向けて少しずつ続報が出てくると思うので、楽しみに待とう‼︎



参照:

https://thevinylfactory.com/news/ikea-turntable-teenage-engineering/


Written by #BsideNews

Photo: curbed



SHARE