Julianna Barwick、7月発売の最新アルバムからJónsi (Sigur Rós)参加の新曲「In Light ft. Jónsi」MVが公開

最新作『Healing Is A Miracle』は〈Ninja Tune〉から7月10日にリリース。国内盤CDにはボーナストラックが収録され歌詞対訳と解説が封入され、限定のサイン入りLPも発売される。
SHARE
2020.06.19 08:30

アメリカ南部のルイジアナ州で育ち、ニューヨーク経由で現在はロサンゼルスに拠点を置くボーカリスト、プロデューサーのJulianna Barwick(ジュリアナ・バーウィック)。ザ・フレーミング・リップス、オノ・ヨーコのライブへの参加やシガー・ロス、シャロン・ヴァン・エッテン、ボン・イヴェールらと共演をするなど、様々なアーティストからの支持を受ける彼女が最新作『Healing Is A Miracle』よりヨンシー(シガー・ロス)が参加した新曲「In Light ft. Jónsi」のMVを公開した。



ヨンシーは、世界最高の歌声の持ち主だと思う。

彼の声と合わさった自分の声を聴くのは、人生の喜びのひとつ。 - Julianna Barwick


ヨンシーとの交流は、プロデューサーのアレックス・ソマーズの仲介によって始まった。バーウィックは、2013年のアルバム『Nepenthe』のレコーディングでヨンシーとセッションをするためにレイキャビクに渡り、以来長年に渡って、アイスランドと、現地で出会った人々に親近感を抱いてきた。また今作に参加しているノサッジ・シングは、バーウィックと知り合った際に、彼女の2011年のアルバム『The Magic Place』への愛着を伝えており、以来彼らは、何か一緒にできる機会をお互いに窺っていた。


バーウィックとラティモアは、長年一緒にライブに出演しながら友情を育んでいて、ロサンゼルスに移ってきたのもほとんど同じ時期だった。自分が初めて友人3人と同じ街にいると気づいたとき、アルバムに彼らが参加するのはごく自然なことだと感じられた。彼女は、制作の過程で得られた新たな気持ちと力添えと友情をレコードに盛り込んだ。


自分の力で何かを作り、ただ愛を形にする……それは感動的な体験だった。私がレコーディングしていたのは、自分の心から出てきた音楽であって、決して「課題」や仕事のためではなかったのだから……少しだけ涙するようなこともあった

- Julianna Barwick


『Healing Is A Miracle』は〈Ninja Tune〉から7月10日にリリース!国内盤CDにはボーナストラックが収録され歌詞対訳と解説が封入される。また限定のサイン入りLPも発売される。







【リリース情報】




label:Ninja Tune / Beat Records

artist:Julianna Barwick

title:Healing Is A Miracle


release date:2020.07.10 Fri On Sale


https://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=11124/






SHARE