いよいよ今週末!! 音楽とアートのカルチャーフェスティバル 「GREENROOM FESTIVAL’18」

サーフカルチャー、ビーチカルチャーをルーツに持つ「GREENROOM FESTIVAL’18」が5月26日(土)・27日(日)に開催。
SHARE
2018.05.25 02:30

今年、14回目を数える「GREENROOM FESTIVAL’18」が5月26日(土)・27日(日)に開催される。サーフカルチャー、ビーチカルチャーをルーツに持つ、チルくてイルなフェスが今年も赤レンガ倉庫を盛り上げる。




都市型フェスだけど自然を感じる。ちょうどいい具合が最高の「GREENROOM FESTIVAL’18」


潮風を浴びて、心地いい音楽とともに過ごす。「GREENROOM FESTIVAL」はサーフカルチャーやビーチカルチャーをルーツにもっていることから“海”との関連が深いフェスティバルだ。山の中での野外フェスや都市型フェスとも違う。ちょうどいい具合の、いいとこどりな雰囲気が味わえるのだ。


海にほど近い芝生エリア両側には「BLUE SKY」「GOOD WAVE」の2つのメインステージがある。奧はキッズエリアとなっているので休憩しながら、子供を遊ばせることも可能。家族連れにも優しい会場構成となっている。港からは「PARADISE SHIP」に乗って、船上ライブも楽しめるぞ。


このように他のフェスにはない特徴的な空間づくりがなされた「GREEN ROOM FESTIVAL」は“Save The Beach Save The Ocean”をコンセプトに掲げ、ビーチと海の環境保護活動もおこなっているんだって。



via:GREENROOM FESTIVAL’18


音楽だけじゃなくアート展示、ヨガ、映画も


メインコンテンツであるアーティストLIVEは個性豊かな計7ステージで総勢60組を越えるアーティストがパフォーマンス。その他「BAY THEATRE」では映画作品が上映され、アートエキシビションも行われる。いずれもサーフ、ビーチカルチャーにまつわる作品を見ることができるのだ。


「YOGA FIELD」では潮風を感じながらのヨガクラスが開講。注目は27日「TERRACE HOUSE OPENING NEW DOORS」(Netflix・CX)に3年ぶり4度目(甲子園の強豪校並の成績だ)の出演をしている島袋聖南が登場! 見ていない人は今すぐにでもチェックしてほしい。





僕ヨガ受けたいんですけど。取材とか行かせてもらえません、、? (チラ)よね? はい。



2日券・26日1日券はSold Out! 27日はまだ間に合うぞ!!  


ここまで書いて行きたくなってきたけれど、2日券、26日(土)の1日券はすでにSoldしてしまっている。しかし27日はまだチャンスあり! 


27日の「GOOD WAVE」には在日ファンクやASIAN KUNG-FU GENERATION、「BLUE SKY」には水曜日のカンパネラ、UAなど今をときめく注目のアーティストからベテランまで多数登場する。



via:GREENROOM FESTIVAL’18




block.fm的視点で注目ステージをピックアップ


まずはサーフカルチャーと縁深いスニーカーブランド「Vans」提供の「Vans of House」にある「RED BRICK」ステージ。韓国ユースカルチャーを牽引する、ポストロックバンドHYUKOH(ヒョゴ)が登場。去年SUMMER SONIC(サマーソニック)で見たけど、かなり良かった。





HYUKOHからバトンを受け取るのはKANDY TOWN!! KEIJU(ケイジュ)as YOUNG JUJU、IO(イオ)、KIKUMARU(キクマル)、呂布(リョフ)、先日アルバムをリリースしたばかりのMIKI(ミキ)など個性派揃い。総勢16名からなるクルーでの迫力のライブは盛り上がること間違いなしだ。





「GALLERY」ではD.A.N、MONDO GROSSO、Ovallが登場


「RED BRICK」から近い赤レンガ倉庫内の「GALLERY」は2Fがアート展示、3Fがステージとなっている。注目のジャパニーズメロウニューウェイヴバンド、D.A.N.や最終追加アーティストとして発表となったMONDO GROSSO(モンドグロッソ)が登場。






MONDO GROSSOのShinichi OsawaはMasatoshi UemuraとのユニットOFF YHE ROCKER(オフ・ザ・ロッカー)としてblock.fmプログラム「木曜サロン」のパーソナリティを務めている。block.fmリスナーとしてはMONDO GROSSOはハズせない。Big-Oをフィーチャーした「One Temperature」のMVも公開され、再始動後の快進撃から目が離せない。





「RED BRICK」のトリを飾るのはOvall。Shingo SuzukiやKan Sanoを擁するorigami PRODUCTIONSが放つ3ピースバンドはノスタルジックな赤レンガ倉庫の夜にぴったりだ。ソウル、ジャズ、ヒップホップをクロスオーバーさせた世界観で楽しませてくれるだろう。冬じゃないけど「Winter Lights」しっとり聴きたいね。





グルーヴ通は「PORT LOUNGE」に集合せよ


小さいながら「PORT LOUNGE」もヤバイラインナップだ。イベントオーガナイズを通して韓国と日本のカルチャーを結び、シンガーとしても活動するYonYon(ヨンヨン)からスタート。マルチに活躍するYonYonは向井太一との楽曲も良かったけど、DJもかなりいいのでチェックしてほしい。





夕方からは髙木完やNOEL & GALLAGHER(ノエルアンドギャラガー)が登場。“あの”ノエルじゃないけれどある意味、本家のノエル兄弟とは違うベクトルでヤバイ2人組。髙木完からの流れでディープかつ最高に気持ちの良いDJセットを披露してくれるのではないだろうか。


 アンオフィシャルだが、宇川直宏が主宰する「Dommune」にて披露された5.5時間のDJ SETを、カットアップし58分に編集した強者が動画をアップしてくれている。NOEL & GALLAGHERの世界観を知るには最高の教材なので事前に予習しておこう。




27日(日)のヨガクラスはレジェンドの共演


最後に、テラハクラスタに朗報だ。島袋聖南のヨガクラスは27日! しかも同日には内山理名のヨガクラスも開講される。どれだけグラビア誌 『DUNK』(アイドル誌『DUET』の増刊版のほう。現在は廃刊)で見ていたことか。夢のようなラインナップだ。やったことはないけど、ぜひチャレンジしてみたい内容である。



via:GREENROOM FESTIVAL’18


まだまだ本稿では紹介しきれない魅力あるアーティスト、コンテンツが盛りだくさん。27日の1日だけでも行きたいですね。 取材ですか? わたしは一向にかまわんッッ!! 




以下、開催概要


【イベント名】      GREENROOM FESTIVAL’ 18

【会場】         横浜赤レンガ地区野外特設会場

【日程】         2018年 5月26日(土)・27日(日)

【時間】         開場11:00/開演12:00/終演21:00(予定) 

【主催・企画・制作】   GREENROOM FESTIVAL実行委員会

【チケット】       2日券:1万9000円(税込)

             1日券:1万1730円(税込)

【オフィシャルサイト】      http://greenroom.jp

【SNS】                               

Facebook:https://www.facebook.com/GreenroomFestival/

Twitter:https://twitter.com/GreenroomFes

Instagram:https://www.instagram.com/greenroomfestival/

【後援】横浜市文化観光局、横浜港運協会、(一社)横浜港振興協会



written by Tomy Mochizukiy


source:http://greenroom.jp/


photo:GREENROOM FESTIVAL’18



SHARE