どこよりも早い第61回グラミー賞、大胆予想! ラップアーティストが主要賞を総ナメか?

来年2月10日に授賞式が行われる第61回グラミー賞。主要3部門をジェイ・Z、ビヨンセ、チャイルディッシュ・ガンビーノらが獲得と予想されている。
SHARE
2018.10.05 03:00

ヒップホップが主要部門を総ナメか!?


9月30日で選考対象の曲のリリース期限を終了した、第61回グラミー賞。12月5日のノミネート発表を前に早くも音楽ファンによる順位予想が始まっている。その中で注目したいのが「最優秀レコード賞」「最優秀楽曲賞」「最優秀アルバム賞」の主要3部門においてヒップホップが軒並み首位にランクインしている点だ。アメリカでのヒップホップ市場は近年さらに広がりを見せているが、もしこの予想が当たれば歴史的な快挙となる。


今年のグラミー賞ではBruno Mars(ブルーノ・マーズ)が「24K Magic」で最優秀レコード賞を「That's What I Like」で最優秀楽曲賞、『24K Magic』で最優秀アルバム賞と1人で3部門を独占したが、今年は誰が受賞するのだろうか!





アルバム賞をリードするのはカーター夫妻


過去にBeyonce(ビヨンセ)は 『Lemonade』Jay-Z(ジェイ・Z)は『4:44』と、それぞれのソロ・アルバムでノミネートされたものの惜しくも受賞を逃してきたカーター夫妻。しかし音楽業界において最強カップルの2人は、今年6月に「The Carters(ザ・カーターズ)」名義でジョイント・アルバム『Everything Is Love』をリリースし、このアルバムが予想家たちの間では来年の最優秀アルバム賞を獲得するだろうとされている。


2位には今年4月にリリースされたJanelle Monae(ジャネール・モネイ)のアルバム『Dirty Computer』がランクイン。ビルボードのR&B/Hip-Hopアルバムチャートでも最高4位に届くなどヒットを記録した。


それに続く3位にはDrake(ドレイク)の『Scorpion』4位にはCardi B(カーディ・B)の『Invasion of Privacy』が予想されている事からも、昨年に引き続きヒップホップの躍進は目を見張りそうだ!





レコード賞、楽曲賞はChildish Gambinoがリード


今年アメリカの銃社会の凶暴さを訴え、凶暴なMVとともに強烈なインパクトを残したChildish Gambino(チャイルディッシュ・ガンビーノ)の「This is America」過去にヒップホップソングが最優秀レコード賞、最優秀楽曲賞を受賞した事はなく、達成すれば初の楽曲、アーティストとなる。


近年ではヒップホップのヒット曲がノミネートされる事は多く、今年のグラミー賞ではJay-Zが最多8部門(最優秀レコード賞、最優秀アルバム賞、最優秀楽曲賞、最優秀ラップパフォーマンス賞、最優秀ラップ/サング・パフォーマンス賞、最優秀ラップ楽曲賞、最優秀ラップアルバム賞、最優秀ミュージックビデオ賞)にノミネートされたものの受賞作はなく、Kendrick Lamar(ケンドリック・ラマー)も7部門にノミネートし5部門で受賞したが、主要3部門では受賞を逃している。これはグラミー賞を主催するレコーディング・アカデミーが”大人の事情”によって受賞作をコントロールしているとも噂されており、「This is America」においても受賞は危ういのかもしれない。


しかし今年はライバルとなりうる他ジャンルの楽曲に圧倒的なヒット曲がなく、さらにグラミー賞は今までに性別と人種の違いを受賞作に反映させていると指摘されている事に対して、自分たちの慣行を調査するためにタスクフォースを組み込んだ。これによって有権者であるNARAS(ナショナル・アカデミー・オブ・レコーディング・アーツ・アンド・サイエンス)の会員も「This is America」に投票する可能性は高まったといえるだろう。


ちなみに最優秀レコード賞ではCardi Bの「I Like It」最優秀楽曲賞ではEd Sheeran(エド・シーラン)Beyonceによる「Perfect」が2位につけている。


また、最優秀レコード賞はアーティストら制作者を称えるもので、最優秀楽曲賞は作詞・作曲をした人を称える賞と似た名前でも中身が違う事も覚えておこう。





上記した内容は、アワードのニュースを伝えるウェブサイト「GoldDerby」の予想にそったもので、実際にはどの作品がノミネートされるかは12月5日の発表までわからない。しかし、去年に引き続きヒップホップが多くノミネートされる事はビルボードなどの順位からも可能性が高いので、いよいよグラミー賞の歴史が変わるかもしれない!


授賞式は2019年2月10日(日本時間11日)にロサンゼルスで行われる。




written by #BsideNews


source:

https://www.goldderby.com/article/2018/grammys-2019-hip-hop-sweep-beyonce-jay-z-news-375164208/


photo: facebookfacebook2


SHARE