来日直前Gorillazが噂の最新アルバム『The Now Now』から新たな4曲の新曲を披露!

来日公演を控える人気ヴァーチャルバンドGorillazが、リリース予定の最新アルバムから「Tranz」など新たに4曲の新曲をライヴで披露した。
SHARE
2018.06.08 01:00

先月末、突如最新アルバムとなる『The Now Now』を6月29日にリリースすることを発表した人気ヴァーチャルバンドGorillazが、最近出演したドイツのフェス「Rock im Park festival」で新たにアルバムに収録される新曲を披露した。  


初公開となる4曲の新曲を披露したGorillaz 


披露された初公開の新曲は全部で4曲。そのうちの「Tranz」はストレートなインディーロック調、「Magic City」はレゲエ風のリフが印象的なスローテンポ曲、「Sorcererz」はドリームポップ風、さらにゆったりしたトロピカルな「Souk Eye」は、途中でビートが4つ打ちのダンサブルなものに切り替わる曲になっていることが、フェス会場にいたファンが撮影した動画で確認することができる。




『The Now Now』先行曲もライヴデビュー  


またそのライヴでは、『The Now Now』の先行曲としてすでにMVが公開されている「Humility (feat. George Benson)」と、音源が公開されている「Lake Zurich」もプレイ。この2曲も今回がライヴデビューとなっている。



またConsequence of Soundが掲載したライヴのセットリストによると、オープニング曲は2001年のデビューアルバム『Gorillaz』収録曲「M1 A1」で、そのほかライヴでは最新アルバム収録曲以外に、昨年のアルバム『Humanz』収録曲、これまでの「Feel Good Inc.」、「Clint Eastwood」などファンの間で人気が高いヒット曲などがプレイされていたようだ。




来日公演では『The Now Now』ワールドプレミアライヴも 


なお、Gorillazは6月21日に幕張メッセ、続く6月22日にZepp DiverCity Tokyoで来日ライヴを行うが、そのZepp DiverCity Tokyoは、新作アルバム『The Now Now』のワールドプレミアとなる。駐日英国大使館がサポートする「British Music in Japan」のTwitterアカウントによれば、ライヴではアルバムリリース先駆けて、収録曲全曲が披露されるとのこと。



日本のGorillazファンにとってうれしすぎるこのプレミアムなライヴ。チケット情報が気になる人は是非、こちらの特設サイトで詳細を確認しておこう。 


ちなみに「Rock im Park festival」でのセットリストは以下のとおりなので、来日ライヴに参加するという人は当日の参考にしてほしい。


▶︎Gorillaz Live at Rock im Park festival


Setlist:

M1 A1

Tranz (World Premiere)

Last Living Souls

Rhinestone Eyes

Tomorrow Comes Today

Every Planet We Reach is Dead

Humility (Live Debut)

Superfast Jellyfish (with De La Soul)

On Melancholy Hill

El Mañana

Magic City (World Premiere)

Strobelite (with Peven Everett)

Andromeda

Hollywood (with Jamie Principle)

Style (with Bootie Brown and Peven Everett)

Sorcererz (World Premiere)

Dirty Harry (with Bootie Brown)

Feel Good Inc. (with De La Soul)

Souk Eye (World Premiere)


Encore:

Lake Zurich (Live Debut)

Saturnz Barz

Kids With Guns

Clint Eastwood


written by Jun Fukunaga


source:

https://consequenceofsound.net/2018/06/gorillaz-debut-new-songs/


photo:

wonker

SHARE