GoProより新製品が発表 ブレに強い“HERO8 BLACK”、360度撮影が可能な“MAX”

さらに、モジュラーアクセサリーも新たに登場し、HERO 8 BLACKと組み合わせてさらに様々な撮影シーンに対応が可能に。
SHARE
2019.10.07 10:00

GoProが新製品 HERO8 Black、モジュラー、MAXの詳細を発表した。


HERO8 Black




待望の8が新登場。HERO8 Blackは、大幅に性能が向上したHyperSmooth 2.0ビデオ安定化機能を搭載。HyperSmooth 2.0はすべての解像度とフレームレートで使用でき、さらにブレの少ない映像を撮ることが可能に。新機能のブーストモードと、アプリ内で操作可能なホライゾンレベリング(水平ロック)も搭載されている。


同じく新機能のTimeWarp 2.0には、自動レート調整機能と、タップコントロールによる速度変化機能を搭載。画角を簡単に選択できる4つのデジタルレンズ、ウィンドノイズ低減機能の強化による優れたオーディオ、カスタマイズ可能なモードプリセットを搭載。折り畳み式マウントフィンガーを内蔵したフレームレスデザインでさらなる軽量化に成功した。


モジュラー


3つのモジュラーも同時に発表。モジュラーにより、HERO8 Blackをより高度な性能を求めるユーザーのためのクリエーションツールへと進化させることができる。




メディアモジュラー(左)


メディアモジュラーは、ショットガンマイクの指向性オーディオ性能を実現。Type-C、HDMI、 3.5 mm外部マイクアダプターポートに加え、追加アクセサリー用に2つのコールドシューマウントを搭載。


ディスプレイモジュラー(中央)


ディスプレイモジュラーは、メディアモジュラーの上部に取り付けられる折り畳み式の1.90インチ前面/背面ディスプレイ。撮影時の確認用ディスプレイとして最適なサイズで、使わないときは折り畳んでおけば邪魔にならない。


ライトモジュラー(右)


水深10 mの防水性、ウェアラブル、ギアマウント可能なライトモジュラーは、非常に多用途なライト。メディアモジュラーにマウントすることも、GoProマウントに直接取り付けることもでき、あらゆるシーンをいつでも明るく照らす。HERO8 Blackでの撮影時に照明を柔らかくするディフューザーが付属。


MAX




GoPro MAXは、デュアルレンズを搭載したGoProカメラ。極限まで安定性を追求した防水シングルレンズのHEROカメラであり、またデュアルレンズを使用した360度カメラでもあり、さらにユーザー側を向くディスプレイとショットガンマイク並みのマイクオーディオを装備した次世代のVlogカメラとしても使用できる。


Max HyperSmoothにより、シーンを選ばず異次元の強固な安定化機能を実現。さらにGoPro史上最も広い視野角を誇る新開発の超広角Max SuperViewなど、MAXには4つのデジタルレンズも搭載されている。その他、360 度ビデオ・写真のインカメラステッチング機能や、GoPro アプリ内における360度コンテンツのキーフレームベース編集などがアップデートされた最新機種。GoPro MAXは創造性の限界を目指すイノベーティブなユーザーに最適。





GoPro Million Dollar Challenge


GoPro Million Dollar Challengeが復活。今度の主役はHERO8 BlackとMAX。GoPro Million Dollar Challengeは、HERO8 BlackまたはMAX使用者からビデオクリップを集め、集まったクリップのうち、2020年1月下旬に公開予定の GoPro Million Dollar Challengeビデオにクリップが採用された方全員に、賞金総額 $1,000,000 を均等に分配するというもの。エントリーは10月1日から1月12日まで。


GoPro Million Dollar Challengeの詳細はこちら。

▶http://gopro.com/milliondollarchallenge


GoPro HP:https://www.tajima-motor.com/gopro/index.html




SHARE