JusticeのGaspard Augé、デビュー・ソロアルバムより「Belladone」のMVを公開

アルバム『Escapades』はPitchfork、SPINなど様々なメディアからも称賛の声を集めている。
SHARE
2021.06.28 07:30

グラミー賞を2度受賞したエレクトロニック・デュオ、Justice(ジャスティス)の片割れとして知られるGaspard Augé(ギャスパール・オジェ)が、ソロ・デビュー・アルバム『Escapades』をEd Banger Recordsより発売した。


『Escapades』は、彼がマキシマリズムの達人であり、21世紀のヨーロッパのクラシック音楽を再構築した想像上のサウンドトラックが新鮮な衝撃を与えるエレクトロニック作家であることを証明するものだ。映画のように壮大なこのアルバムは、Pitchfork、SPIN、Clash、PAPER、Stereogumなどの熱狂的な期待に加え、for Vuitton、BBC Euro2020、F1との同期やコラボレーションなど、さまざまな賞賛をもたらしている。


今回のアルバム・リリースに合わせて、ギャスパールはトルコでFilip Nilsson監督と撮影した5本のショートビデオのうち4本目を公開した。 


今回の「Belladone」の映像では、先週の「Captain」の映像でバスの名手による暗殺を逃れたガスパールが、全身鎧を身にまとい、一輪車で廃墟の街を駆け抜ける。



「“Belladone "を初めて聴いたとき、私はすぐに壮大なクラッシュについて考え始めました。希望の墜落です。ガスパールが南フランスのオークションで買った鎧兜の話をしてくれたとき、全てがつながったのです」

とニルソンは語る。


「中世の鎧と現代のモノホイールという時代錯誤の衝突は、廃墟と化した新築の城の中で完璧な意味を持っていた」

とギャスパールは付け加えている。


ギャスパールは、フランスの作曲家ビクター・ル・マン(Chilly GonzalesやMetronomyのJoseph Mountとの仕事で知られる)と共同で、パリの2つのスタジオを使い、その派手なビジョンを実現した。かつてYesが所有していたシンセサイザーを使用したEnterpriseと、彼らの友人であるCassiusの故Philippe Zdarが所有していたMotorbass Studiosだ。


Justiceが徹底的な編集で音楽を微調整することで有名なのに対し、『Escapades』は2ヶ月間で録音するという、電光石火のマラソン・セッションとなり、結果、爆弾のような遊び心を感じさせるアルバムが完成したのだ。


「この新しい作品に使命感を持っています。それは、”良い趣味、悪い趣味”という狭い定義を無視して、何よりもまず感覚で音楽を楽しむ若い頃の無邪気さを表現したいということです。私はいつも、人生よりも大きな音楽を作ることに執着しているのです。ほとんどの場合、その方が楽しいですからね。」


とギャスパールは語っている。


【関連記事】

80KIDZが訊く、JusticeのGaspard Augé デビュー・ソロ・アルバム『Escapades』制作秘話




【リリース情報】




ソロ・デビュー・アルバム『Escapades』 好評発売中

試聴/購入リンク:https://virginmusic.lnk.to/Escapades

(輸入盤/デジタルのみ)


<『Escapades』トラックリスト>


1. Welcome

2. Force Majeure https://youtu.be/J6-ivscK57A

3. Rocambole

4. Europa

5. Pentacle

6. Hey! https://youtu.be/Pq3tR8rYFUA

7. Captain https://youtu.be/in0C3JQsV3I

8. Lacrimosa

9. Belladone https://youtu.be/imbqF5h9U0s

10. Casablanca

11. Vox

12. Rêverie 


<海外の主要音楽メディアでの賞賛の声>


"もし、ジャスティスの他のレコードと同じようなサウンドを期待しているなら、それは違う。その壮大さには見覚えがあり、以前に聞いたことのあるサウンドやテクニックもあるが、この歓び、ドラマチック、不穏さは全く違うものだ。” -SPIN


"『Escapades』は音の出る幻覚剤であり、あなたが行きたいと思う旅だ。” -CLASH


“賞賛に値する奇妙なスペース・オディティ” -NME


"ジャスティスのファンが期待していたものとはかけ離れているが、確かに輝かしく、ギャスパール・オジェの個性的なセンスが刻印されている。" -BILLBOARD


【プロフィール】




フランスを代表するエレクトロ・デュオ、Justice(ジャスティス)の一人、ギャスパール・オジェ。ジャスティスは、ダフト・パンクの元マネジメントであるペドロ・ウィンターが代表を務めるEd Banger Recordsから、2007年にリリースしたデビュー・アルバム『†』(クロス)が世界的な成功を収め、グラミー賞「ベスト・エレクトロニック/ダンス・アルバム部門」にノミネートされるなど、一躍シーンのトップ・アーティストとなった2人組。現時点での最新作『Woman Worldwide』(2018)もグラミー賞「最優秀ダンス/エレクトロニック・アルバム部門」受賞を果たすなど高い人気と実力を持つ。そのジャスティスのギャスパール・オジェが、遂にソロ・デビュー作となる『Escapades』を2021年6月25日にリリースした。


アーティスト日本公式ページ

https://carolineinternational.jp/gaspard-auge/





SHARE