Zora JonesとSinjin Hawkeによる「Fractal Fantasy」がバーチャルクラブ「Virtua」公開

360˚VR動画コンテンツでは、仮想のクラブを体験できるだけでなく、レーベルアーティストの音源がサントラになっている。
SHARE
2020.08.07 13:00

これまでに先鋭的なAVライブを披露してきたZora JonesとSinjin Hawkeによるレーベル「Fractal Fantasy」が仮想のクラブを体験できるコンテンツ「Virtua」を公開した。



仮想のインスタレーションやDJブースが設置された「Virtua」の世界  


「Virtua」は、360˚VR動画コンテンツとなっており、ユーザーは自由に視点を変えながら仮想のクラブツアー体験が可能。また「Virtua」内では音楽制作用のスタジオスペースや四方の壁に映し出されたNicolas Sassoonとøøøøによるインスタレーションのほか、現実のクラブで見られるような仮想のDJブース、ロッカールーム、自販機なども設けられている。





レーベルアーティストが「Virtua」のサントラ音源を手がける 


また「Virtua」では、Zora JonesとSinjin HawkeやMartyn Bootyspoon、Zubotnik、Xzavier Stoneといったレーベルに所属するアーティストが手がけた音源をサントラとして使用。5つの360˚VR動画が用意されているほか、レーベルのbandcampでは音源を購入することもできる。



最近の『フォートナイト』でのバーチャルライブや先週のkZMの「VIRTUAL DISTORTION」のようにユーザーがアバター化して遊ぶことはできないものの、AVレーベルとして知られる「Fractal Fantasy」の世界観を存分に反映したコンテンツになっている「Virtua」。気になった人は是非、視点を自由に変えながらこの世界観を楽しんでほしい。 


現在、「Virtua」はレーベルサイト及びYouTubeチャンネルで公開中だ。


written by Jun Fukunaga 


source: https://www.factmag.com/2020/07/28/fractal-fantasy-virtua/


photo: FRACTAL FANTASY



SHARE