FPM田中知之が、富知六所淺間神社でしか味わえない奉納DJの盛り上がりを語る

FPM田中知之が語る、富知六所淺間神社でDJプレイとVOIDのPAシステム
SHARE
2018.10.04 10:00

毎月block.fmで放送中の、日本を代表するDJの二人、FPM田中知之とナカムラヒロシ (i-dep)がお送りする、DJ視点によるクラブミュージックシーンのラジオ番組「「温故知新」。今回の番組では、FPM田中が富知六所淺間神社の境内で行ったDJプレイと祭りのエピソードを振り返る。



アーカイブ放送はこちらで聞けます。


「温故知新〜own kool, check things…」

https://block.fm/radios/102

配信日:毎月第一木曜日 22:30 - 24:00

DJ:田中知之 (FPM)、ナカムラヒロシ (i-dep)


こちらもオススメ:FPM田中知之が語る、旧世代と新時代のパーティ運営と、今あえて大阪の隠れ家的クラブでDJする理由



田中知之:8月、僕はいろんなところでDJをやって。いちばん思い出深いのが8月15日の終戦記念日。お盆の日に富士山の麓にあります富知六所淺間神社っていう神社が「境内でFPMを呼んでイベントをやりたい」と。



「マジか! ホンマか?」って最初思ったんですけど。で、まあそれで何ヶ月も準備をして。そういうイベントってね、やったはやったでエエけど「うーん……」っていう内容が多いじゃないですか。


ナカムラヒロシ:僕も、実は遊びに行っていたんですよ。車で行って、本番1時間前ぐらいに着いたんですけど、インターを出た瞬間にワイパーをどんだけ早くしても前が見えないぐらいの雨で。


田中知之:本当にこの間の台風といい、今年の8月、9月。もう雨がすごいじゃないですか。こんな雨ってそれこそ、夕立みたいなのは僕らの子供の頃にあったけど、あんなにわけのわからないぐらい雨が降り続くことがあったでしょうか? 本当にヤバいんちゃうかと。


ナカムラヒロシ:僕、正直中止やと思ってましたよ。


田中知之:それをなんかやるっていうことで。だから俺が晴れ男だなんだっていうのも、もはやこんなご時世に言うのもはばかれるんですけども、一応僕が6時半ぐらいから登場っていうことになって。その時までは本当にバケツを引っくり返したような雨だったんですけど、止んだんですよ。


ナカムラヒロシ:6時15分ぐらいに止んだ(笑)。


田中知之:まあ、それはよかったんで、それまでは大雨ですから境内に誰も人がいなくて。「こんなところで奉納もなにもないよな?」って思って。「俺、もともとバチ当たりやから。やっぱり神様怒っているわ。もうすでにバチが当たっている。奉納もさせてくれないんじゃないか?」って(笑)。


ナカムラヒロシ:拒絶や(笑)。


田中知之:拒絶されたんじゃないかな?っていうね。まあ、しょうがないじゃないですか。こればっかりは。日頃の行いが悪いから。でも、そうしたらフッと晴れたんですよ。


ナカムラヒロシ:本当、晴れましたからね。あれ。




田中知之:で、そこから一応本当の雅楽の人たちが演奏をしてくれて。それでちゃんと、かなりのちゃんとした神事にのっとって。まず僕が玉串を奉納して。本殿の中で。


ナカムラヒロシ:しかもそれ、見えないの。僕からは。


田中知之:見えない。僕らは一応中で一生懸命やっていて。それが終わってから出囃子がちゃんとあって。笛・太鼓の演奏がちゃんとあって。それから……。


ナカムラヒロシ:獅子舞もね。


田中知之:獅子舞が僕を……サイバージャパンダンサーズの代わりに獅子舞だったんですよ。獅子舞ジャパンダンサーズだったんですよ。


ナカムラヒロシ:バチ当たるって(笑)。


田中知之:獅子舞ジャパンダンサーズのかなえが来てましたよ。わからんけど(笑)。適当に言ってます。MIKATが来てました。


ナカムラヒロシ:フフフ(笑)。


田中知之:まあ、来ていて。それで結局僕の先導をしてくれるわけですよ。境内の中から表に出て、僕がDJを始めるまでをね。


ナカムラヒロシ:しかもみなさんに伝えたいのは本殿の中からバーッと出てきて、本殿の階段の上。だから神様みたいに……僕たちは境内。で、田中さんは雨が降っているんで本殿と同じレベルの高さ。階段の上に。


田中知之:そうですね。お賽銭箱ぐらいの高さですわ。


ナカムラヒロシ:それでDJをしていて。結構よかった。






田中知之:それでね、本殿にもプロジェクションマッピングを当てるっていう話だったんだけど、プロジェクションマッピングかと思ったら結構、あれはオイルライトっていうの? なんか……70年代のサイケデリックなバンドみたいな時にオイルがグニーッとなるのをライトの上に当ててそれをグルグル回して映すやつがあるんですけど。結構めちゃめちゃサイケの、なんか裸のラリーズのライブみたいになっているんですよ。まあ、俺のその本殿が。それでDJをやるんですけど。一応ね、僕らも音響がいいのがいいということで、それこそね、VOIDをちゃんと。


ナカムラヒロシ:ULTRAと一緒じゃないですか。


田中知之:ULTRAと一緒のやつを準備してもらって。eastaudioのね。みなさんにセッティングをお願いして。で、まあああいうところの企画ではどうしてもサウンドシステムが二の次、三の次になりがちなんですよ。超ショボいシステムでなんか村祭り感がそれで強調されてしまうんですけど。出音がVOIDでめちゃめちゃいいんですよ。


ナカムラヒロシ:ガチやったね(笑)。


田中知之:ガチでめちゃめちゃいい音なんですよ。もう低音とかキックとか長いサブベースとか鳴った日には「ズーン!」ってめちゃめちゃいい感じで。それはもう超よかったんですけど。それでまあ、それでもやっぱり老若男女が集まってくれているわけですよ。村を上げてのお祭りなんで、まあ言うたら盆踊りですよ。お盆ですから。「盆踊り、神社で何やんねん? 我らの神社、何してくれんの?」みたいなところで、一応町の人が見に来るわけですよ。


ナカムラヒロシ:そうそうそう。


田中知之:子供もいるし、おばあちゃんもいるし。みんな「何が始まるんやろ?」っていうので結構いぶかしげな感じで見ている印象も受けたし。「何すんねん?」っていうところなんですよ。で、僕はそこでDJを始めたんですけど……これは奉納DJなんで、自分が作ったトラックしかかけんとこうと。だからFPMのオリジナルトラックもしくは自分がリミックスとしてリリースした音源のみで1時間半の持ち時間だったんですけどそれをやろうってなったんですけど。まあね、なんて言うんだろう? 自分、いろんなDJブース、いろんなシチュエーションで立っているんで「これ、イケるな!」って3曲目ぐらいに思ったんですよ。


ナカムラヒロシ:はー!


田中知之:だから、なんか最初は「DJって何? 歌うの? 何するの? 誰? 有名人?」って。


ナカムラヒロシ:すっごいね、田中さん。まさにその空気やったっすね。


田中知之:そう。最初はその空気。その中で「ああ、ああ、こんな感じね」ってバーッと三々五々帰っていって。「家でテレビでも見ようか」って普通はなるんですよ。お盆の15日ですよ。で、6時半から7時ですよ。雨も降っていた。止んだけど、また降るかもしれん。という状況でDJがスタートして、でもね、めちゃくちゃリアクションがよかったんですよ。境内が、あんだけ雨が降っていた時に1人もいなかったのに、結構人が埋まったっていう。


ナカムラヒロシ:埋まってましたね。


田中知之:でも、これも時間の問題かな?っていうのは俺も覚悟しながらやったんですよ。で、まあいろいろかけたんですよね。そういう中で、まあDJをやったんですけど。なんか食いつきがよかったんですよ。だからブレイクになったら「フーッ!」って上がるんですよ。だからあれ、完全にWOMBみたいな感じですよ。ちゃんとフロアはダンスミュージックをわかっているクラウドがいるフィールなんですよ。


ナカムラヒロシ:それがどんどん伝染していくんですよね。そのフィールがね。あれは面白かったな。


田中知之:だから結局、なんか盆踊りなんですよ。だから「ああ、僕らも楽しんでいいんだ」っていうことがたぶん上手い具合に伝わった奇跡の……これはもうちょっと神様の力が及んだとしか思えないんだよね。


ナカムラヒロシ:他にも神様の力、あったんですよね。ロックしたでしょう? 僕はもう「田中さん、ロックしたな」って思ったんですよ。その途端、また……。


田中知之:雨、降ってきたでしょう?(笑)。神は試練を与えるね。


ナカムラヒロシ:で、そうなってロックされた状態で雨が降ると……まさにフジロック。


田中知之:盛り上がるんですよ。逆に盛り上がって。『ルパン三世』とかのリミックスをかけているぐらいの時ですよ。


ナカムラヒロシ:ブワーッと降ってきて。でもね、その時に僕が見た景色はおばあちゃんも踊っているし、親子連れで子供とお母さんも踊っているし。あれ、面白かったなー。


田中知之:そう。それで本当にそのまま予定通り全部1時間半終わって。大雨の中で終わったんですけど(笑)。


ナカムラヒロシ:結果、大雨だったですね。


田中知之:結果、大雨で終わったんです。でも、これは演出か?っていう風になったんで、まあまあよかったなと思います。ということで、その時に雨を降らしてしまった曲。『ルパン三世のテーマ'78』のFPMリミックスをちょっとかけようかな。長いけど。まあ、しゃべってもいいし。行きましょう。



田中知之:まだまだ長いリミックスなんですけど、こんな長いリミックス、言うなれば結構ガチのダンスフロアがあるところでしか盛り上がらないような曲なんですよ。歌も入ってこないし。「ルパン、いつ入ってくんねん?」っておばあちゃんとか怒ってもいいはずなんですよ。でもまあ、ずっと引っ張るところで盛り上がるというかね。


ナカムラヒロシ:そうそう。


田中知之:同じフレーズがずーっと繰り返すところでめちゃめちゃ盛り上がって。まあ、ありがたい話なんですけど、そんな感じで1時間半のセットを終えたんですけど。




▷ block.fmラジオプログラム

温故知新〜own kool, check things…

放送日:毎月第一木曜日 22:30 - 24:00

DJ:田中知之 (FPM)、ナカムラヒロシ (i-dep)


日本のクラブシーン黎明期から活躍するFPM田中知之とi-depナカムラヒロシが毎回ゲストをお迎えしてルーツを探るマンスリープログラム。


https://block.fm/radios/102



田中知之

http://www.fpmnet.com/profile/

https://twitter.com/tomoyukitanaka

https://www.instagram.com/tomoyukitanaka/



ナカムラヒロシ

http://i-dep.tokyo/

https://twitter.com/hirossinakamura

https://www.instagram.com/hirossinakamura/





written by みやーんZZ


SHARE