FPM田中知之、SNS発信とアーティストイメージとの乖離を語る

FPM田中知之がSNSで発信する情報や写真と、アーティストの作品やイメージについて感じたできごととは?
SHARE
2019.07.02 08:00

毎月block.fmで放送中の、日本を代表するDJの二人 FPM田中知之とナカムラヒロシ (i-dep)がお送りする、DJ視点によるクラブミュージックシーンのラジオ番組「温故知新」。6月6日の放送では「いつもSNSにご飯の写真や情報ばかり載せている」と言われてしまった田中さんがSNSでの情報発信と実際のアーティストの作品やイメージとの乖離について話していました。


アーカイブ放送はこちらで聞けます。

「温故知新〜own kool, check things…」

https://block.fm/radios/102

配信日:毎月第1木曜日 21:00 - 22:00

DJ:田中知之 (FPM)、ナカムラヒロシ (i-dep)





ナカムラヒロシ:あのね、ちょっと最近ニュースがあって見ていたんですけども。block.fmが2月に発表したニュースがあって。音楽制作が人間の健康的で幸福な生活につながるという驚きの研究結果が発表されたという。


音楽制作が人間の健康的で幸福な生活につながるという驚きの研究結果が発表される


田中知之:どういうことですか? 音楽制作が?


ナカムラヒロシ:音楽制作と楽器演奏が人間の健康的で幸福な生活につながるという。


田中知之:曲を作っていたら健康になるっていうこと?


ナカムラヒロシ:というニュースがあったんですね。じゃあ、僕たちは幸福な気持ちでやれるんだなって思ってずっと思い込んでいたんですけども。つい先日、ネットニュースでインディペンデントミュージシャンの73%がメンタルヘルス問題で苦しんでいるっていうニュースがあって。まあ、スウェーデンのニュースなんですけども。1500人のミュージシャンを対象に行なったメンタルヘルスに関する調査を公表すると、楽曲制作に関するストレスや不安、鬱といったネガティブな感情を強く抱くという。みんな苦しんでいるという。73%ですよ?


田中知之:多いね。


ナカムラヒロシ:ほぼほぼじゃないですか。まあ、たまにはありますけどね。「曲、できねえ!」みたいな時とかありますけどね。田中さんとか、ありますか?


田中知之:あるよ、あるよ。全然。常にですよ。あんまりこういうところでは出さんようにしてますけどね。それはありますよ。いろんな時が。でもね、なんかそのメンタルヘルスまでじゃないけど、たとえば6月5日に、m-floの20周年感謝イベントみたいなのがあったんですよ。



田中知之:で、久しぶりに会う人にそういう場で会うわけですよ。で、だからみんなSNSとかでブワーッて適当に見ているじゃないですか。たとえばFacebookでつながっていて、久しぶりに会うみたいな人とか。そこである人が失礼なことを言うわけですよ。「ご飯の投稿しかしてませんよね?」とか言われるわけですよ。


ナカムラヒロシ:フフフ(笑)。


田中知之:いやいや、ちょっと待てよ。いや、ご飯の投稿もたまにはしているよ。でも僕、あえて控えているし、音楽の投稿をひとつして「自分がこんなことをやりました」とか。そうやったら1個ぐらいそういうことをしたりとかっていう風に……まあ、自分ではまあまあアウトプットに気を使っていたつもりなんですけども。「ご飯の画像とかご飯のことしか上げていないから、音楽をやっているんですか?」って言われて。


ナカムラヒロシ:おおう……。


田中知之:「いや、やっていますよ!」って。DJもやっているし、レコーディングなんてね、発表は今年は前からも言っているようにFPMのアルバムもすごいできていて。


ナカムラヒロシ:ええ。


田中知之:で、もちろんDJもやっているし。でも、結局「いいね」がつくのはご飯の投稿とかなんですよ。だから、見る方は見る方でブワーッとタイムラインを流したら、美味しそうな焼き肉の写真には目が行って「いいね」を押すんですよ。そしたら、全部いろんなものに投稿が補正されて、「お前はメシしかやってへんやろ?」みたいな感じになって。だからそういうの、別にしょうがないんですけど。SNSって。で、「そんなんだったらご飯の投稿とか、しなきゃエエやん」ってなるんですけども。でも、ご飯のことでも僕はクリエイティブに食事に向かい合おうとしているんで。まあアウトプットはちょっと控えめにしつつも、まあ小出しにはしているんですけども。


ナカムラヒロシ:うん。


田中知之:でも、やっぱりSNSってどうしてもバイアスがかかって見られるから。で、いっつも沖野くんと……これも沖野くんとも話したんだけど。結局音楽のことを「この曲、いいね!」とかって上げたとしても、いいねはちょっとしかつかない。で、焼き肉をガン!って上げたらいいねがアホみたいに、うなるほどつくとかね。だからそういうのは仕方ないし、なんかそのSNS上の人格形成って難しいよね。キャラクター設定って言ってもいいかもしれないし。なんか、ブランディングっていう言い方になるのかもしれないけども。SNS上のFPMだったり田中知之だったりi-depだったりナカムラヒロシだったりっていうキャラクターを作るというか演じるというか。まあ、出して行き方って悩ましいなって改めて……だからそういう意味でSNSが疎ましくなったりもするじゃないですか。やっぱり。


ナカムラヒロシ:ああ、しますします。


田中知之:ねえ。でもなんか、やっぱりSNSから広がることもあるし。でも、あれが全てでもないし。だから、そういう意味では「失礼なことを言うな」と思ったんですけど、でもまあ仕方ないよなって思って。


ナカムラヒロシ:ほう。それ、やっぱり田中さんは言葉をかけられることも多いから……。


田中知之:いや、失礼なことを言われるよ。めちゃめちゃ。


ナカムラヒロシ:ねえ。現場、現場とかでもやっぱり……。


田中知之:いや、そうそう。本当に素人の人かどうかはわからんけど、やや業界の人しかその日は来てへんかったけど。でもやっぱり、そういう感じなんやろうなって思って。だからやっぱり、リリースして伝えていくっていうこと。プロモーションとかっていうのはやっぱりすごく重要やし、それがSNSだけで済むものでもないし。やっぱり自分が発信をしていかないと結局、そういうイメージだけで判断されちゃうよな、みたいな。


ナカムラヒロシ:なるほどね。SNSでパッと見のね。


田中知之:そうなんですよ。それをちょっと思うところがあって。でも、こんなにレコーディングやっているの、俺は生まれてこの方ないもんね。こんなに毎日、何曲も何曲もいろんな曲を作ったりとか、なんかいろんな成果を挙げているんですけども。でも、アルバムとしてなのか、リリースのためにちょっとあえて小出しは避けている部分はあるし。で、そういう意味ではすごいいい曲ができあがっているんで。みなさん、僕は焼き肉ばっかり食べていて、音楽をやっていないわけではないし。


ナカムラヒロシ:フフフ、言うてたじゃないですか。僕と田中さんがお酒を飲んだのが、この間のblock.fmの……。


田中知之:終わってから。1ヶ月以上、飲んでないもんね。まあ、本当にそのぐらいレコーディングを。


ナカムラヒロシ:レコーディングばっかりしているという。


田中知之:そうなんですよ。いま、結構がんばってやっているので。まあ、すごいのができているよね。たぶんびっくりするよね。みんな。


ナカムラヒロシ:うんうん。ちょっとね。


田中知之:まあまあ、こんなことばっかり言っててもアカンけども。まあ、でもいい形でリリースを考えていますんで。はい。



▷ block.fmラジオプログラム


温故知新〜own kool, check things…

放送日:毎月第1木曜日 21:00 - 22:00

DJ:田中知之 (FPM)、ナカムラヒロシ (i-dep)

日本のクラブシーン黎明期から活躍するFPM田中知之とi-depナカムラヒロシが毎回ゲストをお迎えしてルーツを探るマンスリープログラム。

https://block.fm/radios/102



田中知之


http://www.fpmnet.com/profile/


https://twitter.com/tomoyukitanaka


https://www.instagram.com/tomoyukitanaka/



ナカムラヒロシ


http://i-dep.tokyo/


https://twitter.com/hirossinakamura


https://www.instagram.com/hirossinakamura/



written by みやーんZZ



SHARE