食品まつり a.k.a Foodmanがサウナにて10分で曲作りに挑戦する動画が公開

国内外で活躍する日本人プロデューサーはどのようにしてサウナで音楽を作ったのか?
SHARE
2019.05.23 11:00

ロンドン発のウェブマガジン「FACTmagazine」の映像シリーズ企画「Against The Clock」に、国内外で目覚ましい活躍を続ける日本人プロデューサー、食品まつり a.k.a Foodmanが登場。その制作風景を収めたドキュメンタリー映像が公開された。


食品まつり a.k.a Foodmanが10分で音楽を制作する動画が公開  


「Against The Clock」は、人気プロデューサーが10分で音楽制作を行う「FACTmagazine」の人気企画。今回のチャレンジは、食品まつり a.k.a Foodmanによると、”いつもやってるようにサウナの休憩所にラップトップを持ち込んで制作した”ものだという。




そんなサウナでの制作風景を収めた動画では、ラップトップにインストールされたAbelton Liveを巧みに操り、ビートやフレーズを打ち込んでいく様子を確認することができる。



サウナはジャンル  


動画では”サウナはジャンル。ドラッグなどに変わる現代のサイケデリックカルチャーであり、意識が変容した音楽はサウナに入らないとできない”という持論も語っている食品まつり a.k.a Foodmanだが、Twitterでも”サウナでキマりすぎた後にトラックメイクすると疲れすぎてもうすぐ寝たくなるので2セットくらいで抑えて、ちょうど良くリラックスした状態で作るのが自分のサウナ制作スタイル”だと、サウナで音楽制作することについて言及している。




また完成した曲は陶酔感に満ちたものになっており、確かに発言どおりのサイケデリックさを感じる。そちらは、SoundCloudで公開されているので、動画を視聴した後にはこちらもあせてチェックしておこう。



なお、食品まつり a.k.a Foodmanの最新作『ODOODO EP』はDiploのレーベル「Mad Decent」から今年3月にリリースされており、そちらでは、リズミカルなアンビエントからスローテンポなハウスまで、幅広いダンスミュージックを楽しむことができる。



written by Jun Fukunaga 


source: https://www.factmag.com/2019/05/22/foodman-against-the-clock/


photo: FACTmagazine YouTube


SHARE