関西発シンガーFLEUR、約2年ぶりとなる新作「Route161」を3/31配信リリース

2019年に発表した1st EPはApple Musicの「今週のNEW ARTIST」でピックアップされるなど、早耳リスナーから注目を集めるシンガー。
SHARE
2021.03.24 08:30

京都出身のシンガーFLEUR (フルール)が新曲「Route161」を3月31日に配信リリースする。


約2年ぶりの自主リリースとなる今作品は、美化された過去をテーマに制作。どこか懐かしさを感じさせるトラックにスムースな歌声を乗せて感情のもつれを綴った軽快なナンバーとなっている。


プロデュースにはFLEURのライブサポート等もこなすKKJが参加し、アートワークには独特な世界観を軸に持ちながらも表現の幅も広く様々なイラストを手掛けるKUREINOが参加。


FLEURは2019年6月にリリースした1stEP『FLEUR』、3月12日にリリースされたSala「Bossa feat. FLEUR, 熊井吾郎」でも注目を集めている。






【リリース情報】




FLEUR - Route161


Written by FLEUR, KKJ (Juicy Hip Apartment) 

Sound Produced by KKJ (Juicy Hip Apartment) 

Rec,Mix Mas : Shogen (UNI-Qreatives) 

Artwork by KUREINO (Chilly Source)


【プロフィール】




FLEUR (フルール)は京都府出身のシンガー。心の機敏を映し出す繊細なリリック、形に囚われないユニークなアプローチで数々の作品を発表。現在は関西を中心に活動を展開している。

2019年6月1st EP「FLEUR」を配信リリース。同作品はApple Music の”今週の NEW ARTIST”で のピックアップやSpotifyの複数のオフィシャルプレイリストへの掲載など耳の速いリスナーから高い評価を得ており、今後の動きに注目が集まるアーティストの1人。

Instagram : https://www.instagram.com/fleur_95s/

Twitter : https://twitter.com/FLEUR_95s





SHARE