FKA twigs、初のピアノ演奏を披露する最新曲「Cellophane」ライヴ映像を公開

3年ぶりにリリースされた最新曲のライヴ映像はロンドンの美術館ウォレス・コレクションにて撮影された。
SHARE
2019.05.28 11:00

ジャマイカとスペインにルーツを持つイギリス出身の人気シンガー・ソングライターのFKA twigsが、3年ぶりにリリースした新曲「Cellophane」のライヴ映像を公開した。



FKA twigsがロンドンの美術館で撮影したライヴ映像を公開!  


ミュージシャンだけでなくファッションアイコンとしても注目を集めるFKA twingsは、近年は、音楽活動は活発ではなかったものの、Instagramを使ったオンラインZineを発表するなど、音楽、ファッション、アートなど芸術の垣根を超えた活動を行うなど多方面から注目を集めるアーティストだ。「Cellophane」は、FKA twings本人が制作、プロデュースを担当しているほか、Frank OceanやAnderson. Paak、Vince Staplesらを手がけるエンジニアやプロデューサーが制作に参加している。


また同曲は、彼女のキャリア史上最も“自身の内面をさらけ出した”楽曲で、LAの映像作家アンドリュー・トーマス・ホワンが監督を務めたMVも多方面にアートな才能を発揮するFKA twingsらしい、映像も超スタイリッシュ! 2014年のデビューアルバム『LP1』以来となる2ndアルバムへの布石を感じさせるシングルだ。




ヴィヴィアン・ウエストウッドにインスパイアされたライヴ映像  


そんなFKA twigsがMVに引き続き公開したのは、ロンドンの美術館にて撮影されたライヴ映像だ。本人監督によるインスパイア源となったウォレス・コレクションが舞台となった映像は、彼女が尊敬するファッションデザイナー、ヴィヴィアン・ウエストウッドによるデザインの衣装を採用しているがそちらは、なんと彼女のコレクションする私物とのこと。  


さらにライヴ映像では、キャリア史上初となるピアノ演奏も披露。同曲のMVでは、数カ月も訓練を重ねたというポールダンスを披露するシーンも見どころのひとつだったが、こちらはでは珍しい彼女のピアノ演奏シーンに注目したい。



FKA twigsにとってはひさしぶりのリリースとなった「Cellophane」。是非、この機会にMVと一緒にライヴ映像もチェックしておこう!

written by Jun Fukunaga 


source: 

https://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=10285 


photo: beatink

SHARE