Facebookまでも始める「デートサービス」で独身人生の一体何が変わるのか!?

「ただの出会いではなく、それ以上の長い関係を提供するサービスだ」と語るZuckerberg社長。サービスはデート機能利用者のみに限られ、友達は除外されるようだ!!
SHARE
2018.05.14 04:38

Facebookが発表した新たなデートサービス機能

世界最多のユーザー数を誇るFacebookが、先日の開発者会議にて新たにデートサービス市場に参入する事を発表した。


最高責任経営者であるMark Zuckerberg(マーク・ザッカーバーグ)自ら発表した同サービスは「ただの出会い系とは違う」とし「長期の恋愛」向けとコメントしている。新機能の利用者は新たにデート機能用のプロフィールを作成する事ができ、Facebook上の友達がプロフィールページを見る事はできず、友達ではないユーザーとしかマッチングされないシステムのようだ。


ユーザーは興味のあるイベントやグループを検索して共通の興味を持つユーザーをアンロックする事ができ、互いにアンロックされた場合にデート用プロフィールを見る事ができ、両者が興味を示した場合のみMessengerやWhatsAppを使って直接会話を始める事ができる。




早くもデートマッチング市場に影響が

デートアプリ大手のTinderを運営するMatch Groupは今回のFacebookの参入発表を受けて、すでに株価が下落していると伝えられている!


Tinder自体も最も重要な連動サイトとしてFacebookを利用している事から、その影響は大きいものになりそうだ。


これに対してMatch Groupの代表は「大量の個人的データを抱えるFacebookがこの市場に参入してきた事は驚きを隠せないが、我々はさらなる機能の発展と親密な関係の成功に焦点をあてる。このカテゴリーを誰よりも理解している」と対抗を示している!






Facebookの抱えるプライバシー問題

今年3月にFacebookは5000万人分の個人情報が流出していたと伝えられており、この個人情報は2016年に大統領選に挑んだトランプ大統領陣営に使用されたと指摘されており非難の声が出ている。


このような問題に直面している中でユーザーとしてはデート機能に対しても不安が募るだろうだ、これに対してFacebookのスポークスマンは「開発当初からユーザーの安全性に考慮している。プライバシーを考慮しながら偽の情報を取り締まる措置を取る。」とプライバシーの心配はないと発表している。




2004年のサービス開始以来、ユーザーの交際関係を掲載できる機能を搭載しているFacebookがデートサービス市場に参入するのはごく自然な事かもしれない。


「2億人の独身ユーザーに向けて、できる事があるはずだ!!」と語るザッカーバーグ。なんとも言えない不安な気持ちもあるが、これも時代の流れなのか!?



Written by #BsideNews


source:

http://www.complex.com/life/2018/05/facebook-announces-new-dating-feature-that-isnt-for-just-hook-ups

https://www.cnbc.com/2018/05/01/facebook-is-launching-a-dating-app.html


Photo: facebookfacebook-2

SHARE