“超集中”に導く作業用BGM「ENERGY MUSIC」 m-flo、Seiho、starRo、AmPmの手掛けた楽曲がリリース

音楽で働き方改革を推進する企画「ENERGY MUSIC PROJECT」で制作された、ビジネスパーソンを超集中に導く作業用BGM「ENERGY MUSIC」がリリースされた。
SHARE
2019.08.30 09:15

「聴けば仕事に集中しやすくなる音楽 “ENERGY MUSIC”」の開発を行う“ENERGY MUSIC PROJECT”。これはビジネスSNS「Wantedly」を運営するウォンテッドリーが、つながり管理アプリ「Wantedly People」の400万ユーザー突破を記念し進行している企画だ。


7月のローンチ後、ビジネスパーソン2,000名への調査結果や、公開実験を経て制作した試作曲“m-flo 実験中”に対するビジネスパーソンの生の意見を踏まえ、m-flo及び、プロジェクトに賛同した3組のアーティストと共に“ENERGY MUSIC”を制作してきた。


そしてついに完成した4曲の作業用 BGM “ENERGY MUSIC” 。シゴトに集中・没頭することに特化しており、その最大の特徴は「楽曲」と「環境音」を融合させ、集中のサイクルに最適化させた楽曲構造だという。「超集中」に導く25分間を体感してみては。


超集中に導く作業用BGM “ENERGY MUSIC” 3つの特徴




1.アーティストが制作した「楽曲」による集中状態へ入るための「刺激」

集中状態に入っていく際の着火剤となる、アーティストが創りだすメロディ・ハーモニー・歌詞などによる 「刺激」を導入部分に採用。


2.集中を継続し深める自然の「環境音」

高まった集中を邪魔せず継続するには、自然の「環境音」が有効。自然界には「1/f ゆらぎ」と呼ばれるリズムがあり、これを聴くことでリラックス効果が得られ、深い集中に向かうことが期待される。


3.効率的に集中を高める「25minサイクル」

「25分単位で作業を繰り返すと効率よく集中を高める」という研究結果を参考に、作業BGM全体の長さは約25分間に設定。25分間作業したら5分間休憩し、また25分間作業するというサイクルがおすすめ。

  

楽曲制作にはm-flo、Seiho、starRo、AmPmが参加


m-flo に加え、アーティストの Seiho、starRo、AmPmの3組が「ENERGY MUSIC PROJECT」に参加。 各アーティストが1曲ずつ“ENERGY MUSIC”を制作し、計4曲が完成した。完成曲は「Spotify」 「Apple Music」「Youtube」をはじめとする各種音楽ストリーミングサービスで配信されている。


◆m-flo(エムフロウ)




「 FOCUS - ENERGY MUSIC “SPACE” 」 

初めてなのにどこか懐かしさのある「宇宙」のワークスペース。目の前の仕事を黙々と片付けるか、クリエイティブなアイデアを考えるか、それはあなたの自由。

<m-flo コメント>

「調査結果からみえた『懐かしさ』というポイントを意識して、Come Againと同じハープの音を使ったり、 90s Hip Hop テイストにしました。VERBALのナイスなラップが集中に火を着けて、途中でLISAの声もサンプルで飛び入り参加したりと、集中をさせる工夫と面白い曲になる工夫が混ざっているので是非チェックしてください。」


◆Seiho(セイホー)




「 Learning in deep - ENERGY MUSIC “STREAM” 」

山の中、「急流」のすぐそばに身をおけるワークスペース。小気味よくスピード感のある水の流れが、あなたの仕事のテンポもアップしてくれる。

<Seiho コメント>

「今朝、手紙が届いた。「あの夜、何があった?」見慣れない文字、宛名もない。植物園の大きなガラスの向こう、白濁色に透ける彼女はもういない。速さは感覚を鈍らせ、全てを奪っていった。「好きだと言えないくせして。」」


◆starRo(スターロー)




「深海 - ENERGY MUSIC “DEEP SEA” 」

深い静寂の中にどこか気配を感じられる「深海」のワークスペース。自分の中に潜っていって、深いリラックスと没頭体験を。

<starRo コメント>

「フリーダイビングの動画が好きで常々深海を音楽で描いてみたいと思っていました。 沈んでいくに連れて海面が徐々に遠のいていき、景色が重くなっていく感じを表現したつもりです。集中する前に眠くなってしまっ たらごめんなさい(笑)」


◆AmPm(アムパム)




「 Takamagahara - ENERGY MUSIC “JUNGLE”」

神秘さすら感じる未開の「密林」にあるワークスペース。まるで森全体がブレストしているような空間で、動物や自然のリズミカルな音に包まれよう。

<AmPm コメント>

「よく行く地、宮崎県「高千穂」の自然を通して感じたものを音にしてみました。オフィス街やデスクでは感じることのできない自然のパワーを、ぜひ五感で感じてみてください。」


※「ENERGY MUSIC」完成楽曲は公式ページから視聴可能。

ENERGY MUSIC PROJECT 公式ページ URL : https://m-flo.withwantedly.com


ワーキングスペース「Think Lab」にて“ENERGY MUSIC”の効果検証を開始


完成した“ENERGY MUSIC”は、オンライン無料配信以外に、JINSが手掛ける会員制ワーキングスペース 「Think Lab」での効果検証を開始。世界一集中できる環境を目指してつくられたこの空間で、集中力を高める仕掛けの一つとして、“ENERGY MUSIC”を体験できる。


音楽を用いた働き方改革 “ENERGY MUSIC PROJECT”とは


“ENERGY MUSIC PROJECT”は、全国のビジネスパーソン2,000名を対象にした調査結果や、集中力の専門家の方々の意見を参考にアーティストが楽曲制作を担当し、シゴトに集中・没頭することに特化した作業用BGM “ENERGY MUSIC”を開発するプロジェクト。

7月22日(月)にm-flo、専門家、ウォンテッドリーが集い、「ENERGY MUSIC PROJECT」公開実験を行い、それを元にm-floが制作した“ENERGY MUSIC”の試作曲「m-flo 実験中」を8月1日(木)より配信した。SNSで試作曲に対するビジネスパーソンの生の意見を募集し、寄せられた視聴者の意見を取り入れ改良を加え、プロジェクトに賛同した3アーティストとともに楽曲制作を行い、8/28(水)に “ENERGY MUSIC”がついに完成し、配信をスタート。


※調査結果公開実験・ディスカッションの模様は公式ページから視聴可能。

 ENERGY MUSIC PROJECT 公式ページ URL : https://m-flo.withwantedly.com/


【関連記事】

音楽で働き方改革を m-floが「集中力を高めるBGM」をウォンテッドリーと共に制作


“超集中”でもっと仕事に没頭!『ENERGY MUSIC PROJECT』が目指す、音楽による働き方改革とは


written by 編集部

SHARE