トランプ大統領をディスるエミネムのラップ、レイジとマッシュアップされてラップメタル化する

受ける印象は「メッセージ性強そう」。これならトランプ大統領の胸にも刺さりまくり?
SHARE
2017.10.19 02:00

話題のフリースタイルラップがミックスチャー化!  


今月行われたブラックミュージックの祭典「BET Hip-Hop Awards 2017」授賞式で公開されたエミネムのアカペラでのフリースタイルラップ。その内容は現在のアメリカ政府が行う政治に対して、エミネムの意見が込められたものだった。ラップでエミネムはトランプ大統領を批判。その中で彼はトランプ支持者のファンはいらないとまで公言した。しかし、その痛烈なメッセージは思わぬところで炎上。エミネムを支持する声と「黒人になりたがっているラッパー」、「キャリアが終わった」など批判する声などに分かれることになった。



そんなエミネムのフリースタイルラップがミックスチャー化。「Hey Trump!」という新たな曲として爆誕。レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンの有名曲「Bulls On Parade」がマッシュアップされたこの曲は、エミネムの怒りと呼応するかのように超ラウドでヘヴィだ。


 

マッシュアップネタとなったレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンといえば、アメリカ政府の不正について音楽で講義する政治色の強いバンド。現在は活動は休止状態だが、そのメンバーたちは昨年、パブリック・エナミー、サイプレス・ヒルのメンバーとともにプロフェッツ・オブ・レイジを結成したことも記憶に新しい。


 ◼︎関連記事:レイジメンバーらによるProphets Of Rageのデビューライブセットリスト&動画が公開


また社会の不正に怒るバンドの代表格とも言えるレイジとマッシュアップされたことで、この曲はオリジナルよりもさらに「トランプ、お前は俺たちを怒らせている」感が増している印象を受ける。 このように一目瞭然でトランプ大統領をディスる曲感満載のマッシュアップだが、実はアップ先のYouTubeのコメント欄でもさまざまな意見が本家同様に見受けられる。中にはエミネムのラップは嫌いだが、このマッシュアップは好きというような意見があるところも興味深い。それだけあのエミネムのラップは物議を呼ぶコントラバーシャルなものだったんだなぁと改めて実感させられる。  


でも実際にエミネムとレイジがコラボしたら、ものすごいことになりそうだなと思わずにはいられないこのマッシュアップ。ちょっと待てよ、今はレイジとパブリック・エナミー、サイプレス・ヒルが合体してバンド活動する時代だ。その可能性は決して否定できないぞ。


まあ、あくまで夢のような話だけど、実現すればそれこそ”グレート”なアメリカの音楽って感じで歴史に残りそう。願わくば、そんな奇跡的な光景が見てみたい。 その時こそトランプ大統領はこんな感じになるかもね…。



Photo: GIGPHY


 あっ、そういやこのエムネムのスーツ姿写真、どことなくトランプ大統領とのマッシュアップっぽいな。グレート…。  



Photo: Wikimedia


参考: 

https://youtu.be/T2RUYYs8Hxc

http://www.complex.com/music/2017/10/eminem-bet-cypher-trump-fan-reacts 


【この記事に関連するおすすめはこちら】


Written by Jun Fukunaga 

Photo: DJ Cummerbund YouTube

SHARE