大規模なeスポーツ(エレクトロニック・スポーツ)イベント・RAGE 2018 Summer

巷で話題になっているオリンピック新種目にも選出されたeスポーツ(エレクトロニック・スポーツ)イベント
SHARE
2018.07.04 05:19


巷で話題になっているオリンピック新種目にも選出されたeスポーツ(エレクトロニック・スポーツ)イベント


eスポーツは、アジアオリンピックの新種目に選ばれて以降、何かと話題になっている。eスポーツ後進国と言われている日本でも、プロのゲーマーがしのぎを削るイベントが催され、注目度が急上昇中だ。そこで今回は、eスポーツイベント・RAGE 2018 Summerに関する情報をピックアップしてみた。




RAGEの変遷


eスポーツが世界各国で大きな盛り上がりをみせる中、株式会社CyberZとエイベックス・エンタテインメント株式会社はeスポーツ大会の運営をスタートした。2社がタッグを組んで試行錯誤を重ね、2015年度末に日本国内初のeスポーツイベント・RAGE Vol.1の開催にこぎ着けた。初開催ながらも多くのゲーマーと観客を魅了し、大盛況をおさめている。その後も次世代型eスポーツ大会を定期的に行い、RAGEの認知度を着実にアップさせている。スポンサー企業と参加者の増加に伴って大会の賞金も増大し、2017年に行った某大会は賞金総額が1000万円を超過してゲーマー達が騒然となった。


RAGE 2018 Springは、来場者数が2万人に到達し、インターネット上での視聴回数が700万回を突破している。RAGEは、eスポーツシーンを牽引するイベントとして地位を確立させ、多くのゲーマーが憧れるステージへと成長している。そのため、RAGE 2018 Summerの期待値は非常に高い。




RAGE 2018 Summerの概要


RAGE 2018 Summerは、2018年6月に幕張メッセ2ホールで催すeスポーツイベントだ。数々の人気ゲームアプリを輩出しているNetmarble Corp.など、インターネット事業に参画している企業が開催に協力している。開演は10時、終演は20時となっている。開演1時間前の9時頃には開場しているので、時間に余裕を持って訪れたい。10時ギリギリに来場するとオープニングセレモニーを見逃してしまう可能性を否めないため、要注意だ。


入場料無料となっていることから、誰もが気軽に訪れやすい。eスポーツに興味がある方、ゲームが好きな方は足を運んでみるべきだ。プロのゲーマー達の熱戦を鑑賞・応援するスペースが設けられており、自由席は無料だ。有料の指定席は事前に予約しておかなければ、座れない。






目玉となっているイベント


RAGE 2018 Summerは、賞金総額が2000万円となっており、RAGE史上最も高額だ。優勝賞金400万円をかけてプレーヤーが対戦するスマホカードバトル・シャドウバースは、イベントの目玉となっている。約8000名が参加した予選を勝ち抜いた8名が激闘を繰り広げる。強者達による頭脳戦を体感できる貴重なチャンスだ。MCや解説の席には武井壮を始めとする著名人が駆けつけており、彼らのトークも要チェックだ。


また、RAGEバーチャルYou Tuber GRAND PRIX~2018 Summer~がインターネット上で話題になっている。電脳少女シロや月ノ美兎など、6名の人気バーチャルYou Tuberが参戦している。RAGE 2018 Summer以外では滅多にお目にかかれない夢の共演を間近で体験しよう。




サイドイベントも見逃せない


RAGE 2018 Summerは、サイドイベントを充実させている点も大きな魅力の一つだ。スマホカードバトル・シャドウバースを題材にしたリアル脱出ゲームやフォトカードの撮影を楽しめる。プロの選手がゲームの戦術を対面形式でアドバイスするコーナーも登場している。また、会場内の各コーナーに設置されているスタンプを集めると、抽選会へ参加することが可能だ。RAGEオリジナルグッズなど、豪華な景品を入手するチャンスを模索できる。因みに、飲食エリアではフランスドッグや丼を提供している。各種イベントだけでなくグルメも満喫しよう。






Photo:https://www.facebook.com/pg/esportsRAGE/photos


Written by 編集部



SHARE