テキサス州が1000万ドルを投資してしe-sportsスタジアムを建設!! そもそもe-sportsって何!?

有名施設がいっぱいあるテキサス州アーリントン市にe-Sports専用のスタジアムがこの秋に登場!?
SHARE
2018.03.26 03:00

先日、テキサス州にあるアーリントン市市長がスゲーことを発表。1,000万ドルを投資し「e-Sports専用」のスタジアムをこの秋にオープンしちゃう。


「え!?まじ!!? 」ってなった。


アーリントン市は、アメリカで最も急成長を遂げる都市の一つ。グローブライフ・パーク・イン・アーリントン(野球場)、AT&Tスタジアム (多目的スタジアム)、シックス・フラッグス(テーマパーク)など数々の名所があることでも有名な場所だ。


そんな場所にe-Sports専用のスタジアムを作っちゃうっていうのだ。


これは今後のe-Sports産業を考えてのこと。



テキサス州、1,000万ドルを投資してe-Sportsスタジアムを作っちゃう


そもそもe-Sports(eスポーツ)って何だよって話から。


e-sportsってのは、エレクトロニック・スポーツ(electronic sports)のことで、たくさんのプレイヤーで対戦するビデオゲームをスポーツ・競技として捉えるときの名称。欧米では90年代後半から世界規模の対戦がすでに行われてるぐらい歴史有るモノなんだ。


例えば『ストリートファイター』や『スマブラ』といった格闘ゲームや『オーバーウォッチ』『Halo』といったFPS、『StarCraft』といったRTS等がある(めっちゃいっぱいある)。


海外ではプロプレイヤーと共に観客が一体となってメチャクチャ盛り上がるエンターテイメントとして知られている。野球やサッカーなど身体を動かすスポーツ同様にプロスポーツと同じ扱いをされているってことね。




何がスゴイって、勝てば賞金が出ちゃうんだよ。


そう、ゲーム大会で勝てばね。

しかもかなりの高額。



e-Sportsのプロゲーマーの年収は1億円を超える人も居るぐらい、

大会賞金は高額なんだよ。




ちなみに、賞金総額2,000万ドルを超えるゲームだって存在していた(円じゃないよ、ドルだよ!! )。



その莫大な賞金をかけて、プレイヤー達が競う!! 絶対見ている観客達は楽しいよね?


韓国のソウルワールドカップスタジアムで行われた「League of Legends」のチャンピオンシップでは、有料入場者数は4万人にのぼったとか。それぐらいe-Sportsとは熱狂できる人気エンターテイメントってことさ。




影像はいくつかのe-Sportsチャンピオンシップを集めた影像。様々なゲームジャンルがあることや、叫ぶほどに観客が盛り上がってるのが分かる。




アーリントン市が設計するe-スポーツスタジアム


話は戻るが、数々の施設があるテキサス州アーリントン市に、そんなe-Sportsのスタジアムが出来ちゃうって話。アメリカで一番大きなe-Sportsスタジアムを建てちゃうのね。


すでにいくつかデザイン案(なのかな?)が上がっていて、それがコチラ。









ヤバくね? これが出来上がっちゃうんだよ? 絶対人気施設になるじゃん!!


おそらく、このアーリントン市のe-Sportsスタジアムで世界大会も開かれていくだろうし、その時には観客がたくさん来ることも予想できる。


2020年にはe-Sportsが15億ドルの産業に成長される推定されていることからe-Sportsへの力の入れようがパナイと感じた。


成長する産業、観客を呼べるエンターテイメント。e-Sports、良いでしょ?






ところで、日本にはe-Sportsは無いの?


正直、この記事で「e-Sports」という言葉を知った人も居るぐらい、日本では「e-Sports」の存在は薄いと思う。


本来「e-Sportsで勝てば高額賞金がゲットできる」ことで観客を熱狂させてくれるのだけれども、日本の法律(景品表示法)で大会での高額賞金が出せないため、日本でのe-Sportsの盛り上がりにかけちゃう事とかが原因だったのかもね。







そんなe-Sportsにも動きがあり、2024年のパリオリンピックのころにはもしかしたらe-Sportsが五輪の正式種目に採用されるかもしれない協議が行われていたりする。


さらには「一般社団法人日本eスポーツ連合(JeSU)」が設立され、JOC(日本オリンピック委員会)に加盟出来ちゃうから、日本選手団を国際大会に派遣もいけちゃう。


さらにさらに、今年2月に幕張メッセで行われた日本最大級のゲームイベント「闘会議」では、日本eスポーツ連合が”プロライセンス”を初めて発行した。これにより、棋士やゴルファーと同様に高額賞金の大会などを開催できちゃう。


つまりは2018年からだね。

日本のe-Sports。

たぶん、こっから、日本のプロゲーマー達が世界に向けて活躍してくんだよ。

そして、応援しても良いし、これからプレイヤーになっても良いんだ。


参考:

http://www.arlington-tx.gov/news/2018/03/14/arlington-site-proposed-largest-esports-stadium-u-s/

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1802/01/news100.html




http://tokaigi.jp/









Written by kissaten
Photo:City of Arlington, TX





SHARE