Drakeの新アルバム『Scorpion』は2枚組? 不思議な広告が世界を賑わす

6月29日にリリースされるDrakeの新アルバム。彼の広告から感じ取れる自信とは。
SHARE
2018.06.25 03:00

6月22日、ドレイクの新アルバム『Scorpion』のリリースまで1週間を切ると、地元トロントは『サソリ』で埋め尽くされた。トロントで最も大きなショッピングモールの1つ、イートン・センターの前には巨大な広告ができており話題になっている。



広告の1つに、2枚組アルバムを匂わせる意味深な表記が存在!


  

今回Drakeが展開した広告は、どれもはっきりとした情報を示しておらず、何か奥の手を隠しているようだ。今SNS上に話題になっているのは以下の画像である。



「A SIDE   B SIDE」と書かれた看板は、アルバムにはAサイドとBサイド、つまり2枚存在すると捉えてもいいのではないだろうか? 去年リリースされたDrakeのアルバム『More Life』は全22曲収録されており、非現実的な考えではない。


Kanye Westが戦略的に7曲という少ない曲数で市場を独占したやり方や、Rae Sremmurdの3枚組アルバム、最終的に45曲を揃えたChris Brownの『Heartbreak On A Full Moon』など、リリース形態が多様化する中で、Drakeが取る戦略は世界中が注目している。


そしてもう1つ注目したいのは「他にあるの? (IS THERE MORE)」と書いてある看板である。何通りにも解釈できるこのフレーズは果たして何を意味しているのだろうか。単に曲数についての言及なのか? もしくは最近まで続いていたPusha Tとのビーフへの返答なのか? 他に隠された何か秘密があるのだろうか? ファンの思いはそれぞれである。



謎に包まれたアルバム『Scorpion』について今わかっていること。




アルバム『More Life』以降、ドロップされたDrakeの曲は全部で5つだ。『Scarey Hours』と冠し、1月に突如リリースされた「God's Plan」と「Diplomatic Immunity」。そしてLauryn Hillからサンプリングし、今やクラブアンセムとなった「Nice for what」。Push Tとのビーフの最中リリースされた「Dappy Freestyle」、そしてScorpionの先行シングルとしてリリースされた「I'm Upset」である。


スナップチャットにてFutureとの新曲思われる曲が明らかになっているが、収録されるかは不明だ。




アルバムを出すたびに世間の話題を掻っ攫ってきたDrake。カナダの大スターは『Scorpion』で何を表現するのだろう。1週間後にはすべてわかるはずだ。



written by Yoshito Takahashi 


source:http://www.xxlmag.com/news/2018/06/drake-scorpion-billboards-pop-up-in-toronto/ 

photo: Drake Facebook



SHARE