Beyoncéがディズニーの特別番組にサプライズ出演!! 医療従事者へ歌声を送る

Ariana Grande、Demi Lovatoなどディズニー作品に縁のある豪華アーティストが自宅からパフォーマンスを披露。
SHARE
2020.04.20 08:00

これまでのディズニー作品に携わったアーティストやキャストが出演したことでも注目を集めた、アメリカのテレビ局ABCで放送されたディズニーの特別番組『The Disney Family Singalong』。事前にアナウンスこそなかったものの、Beyoncé(ビヨンセ)までもサプライズで登場し歌声を披露!!


この番組は感染症によるパンデミック続く中、最前線で働く医療従事者に向けてエールを送ることを目的とし、食料を無償で提供するアメリカのフードバンクへの支援も呼びかけたもの。もちろん全員が自宅やそれぞれの自粛生活の中から出演した。





Beyoncéは「星に願いを」をアコースティックで披露


昨年公開されたディズニー映画『ライオン・キング』ではDonald Glover(ドナルド・グローヴァー)らとともに声優として参加し、またインスパイアード・アルバム『ライオン・キング:ザ・ギフト』のプロデュースにも携わったBeyoncé。今回の放送で事前告知には名前がなかったもののサプライズで登場し、ピアノの伴奏とともに1940年に公開されたディズニー映画『ピノキオ』の主題歌「星に願いを」を披露した。


最後には「家族を大事に、諦めないでみんなで乗り越えましょう」とアメリカだけでなく世界中へとメッセージを送った。





映画のヒロインになりきって登場したAriana Grande


これまで作品に携わるだけでなく、プレイベートでもディズニー好きとして知られるAriana Grande(アリアナ・グランデ)は映画『ヘラクレス』から「I Won’t Say I’m in Love」を歌い、なんと同作品のヒロインであるメグの衣装を纏って登場!! 数カットに及ぶ撮影のうえ、小道具まで用意して素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた。


ちなみに過去には映画で使われている曲のひとつ「Zero to Hero」をライブでカバーしたこともあるAriana Grande。『ヘラクレス』が1番のお気に入り映画なのかも!?




エッセンシャルワーカーへ向けた心温まる映像も


Demi LovatoはMichael Bublé(マイケル・ブーブレ)は映画『シンデレラ』から「夢はひそかに」を遠隔デュエットで歌ったのだが、この映像ではさらにエッセンシャルワーカーや医者、看護士といった最前線で働く人々に向けた感謝を書いたメッセージカードを持って登場するディズニーファンの姿にも注目していただきたい。


チャリティー・バーチャルコンサートとして、こうした映像を入れることはとても意味があることだと感じる。感染症に立ち向かい働く人々に向けた感謝の声が、日本でもさらに高まることを願う。







written by BsideNews


source

https://pitchfork.com/news/watch-beyonce-sing-when-you-wish-upon-a-star-as-tribute-to-health-care-workers/


photo

https://www.youtube.com/watch?v=SsISKCwnK4g





SHARE