DinoJr.が新曲「Magic Hour」を配信リリース。BREIMENより高木祥太も参加

ネオソウル/ファンク/ヒップホップなどブラックミュージックの要素を現代的な色彩感覚で荒削りにコラージュした音楽性を提示するシンガーソングライター。
SHARE
2020.08.19 12:45

東京を拠点に活動するシンガーソングライターDinoJr.が新曲『Magic Hour』を8/19(水)に配信リリースした。





ネオソウル/ファンク/ヒップホップなどブラックミュージックの要素を現代的な色彩感覚で荒削りにコラージュした音楽性を提示するDinoJr.。2020年1月に2ndアルバム『2091』をリリースし、収録曲の『RWY ft. 吉田沙良』はラジオ局J-WAVEによるレコメンド『SONAR TRAX』に選出、また全世界のH&Mで数少ない邦人アーティストの楽曲としてストアプレイされるなど注目を集めた。


新曲の『Magic Hour』はDinoJr.による2020年連続シングルリリースの第二弾。オモチャ箱をひっくり返したような予測のつかない曲展開に濃厚なグルーヴが絡む、爽やかな夏のゴールデンタイム彩るハッピー・ファンクとなる。


前作に引き続き作詞作曲・アレンジ・トラックメイクをすべて担当し、ベーシストには公私ともに深い付き合いであるロックバンド・BREIMENより、盟友・高木祥太を迎えた。ミックス・マスタリングは2ndアルバム『2091』も手がけたRei “Reynolds” Maedaが担当。


 

6月にはディスクユニオンより『2091』からの7inchシングルカット盤『RWY ft. 吉田沙良 / Get Ready ft. リベラル』もリリースされて話題になっているのでそちらも是非チェックしてみてほしい。


【関連記事】

DinoJr. インタビュー 挑戦し続けた音楽こそが100年先も残る。

 


『Magic Hour』各種配信サイトはこちら

https://lnk.to/dinojr_magichour





DinoJr. (ディノジュニア)

1991年生まれ、千葉県出身のシンガーソングライター。台湾人と日本人の血を引き、幼少期に台湾暮らしを経験。全ての曲の作詞作曲、アレンジ、DAWでのトラックメイクをこなす。

ネオソウル/ファンク/ヒップホップなどブラックミュージックの要素を現代的な色彩感覚で荒削りにコラージュした『トーキョー・サイケデリック・ネオソウル』を掲げて活動中。2016年に全国リリースした1stアルバム『DINOSENCE』は自主制作ながらKan Sano、Shingo Suzuki(Ovall)などの面々が全曲参加し話題となる。

2020年タワーレコードの一部店舗限定でリリースされた2ndアルバム『2091』は前作同様自主制作ノンプロモーションにもかかわらずSpotifyの数々の人気公式プレイリストにピックアップされ、そのうちのひとつ『ブルーにこんがらがって』ではカバーアーティストに選出される。収録曲の『RWY ft. 吉田沙良』はラジオ局J-WAVEによるレコメンド『SONAR TRAX』に選出、また全世界のH&Mで数少ない邦人アーティストの楽曲としてストアプレイされるなど注目を集める。

またApple Music上のJ-POPカテゴリで大々的にバナー展開されるなど無所属のアーティストとしては異例の活躍を見せる。


【 Twitter 】@DinoJr214


【 Instagram 】dinojr_tokyo


お問い合わせ・オファーはこちら

⇨ dino.info214@gmail.com





SHARE