ZAIKOが今、音楽業界で話題のNFT導入! アーティストに新たな直接収益をもたらす「Digitama」ローンチ

現在は、関心のあるアーティストからの先行申込を限定数で受け付けている。
SHARE
2021.03.26 10:00

有料配信ライブチケットの販売で知られる電子チケット販売プラットフォーム「ZAIKO」が、今、音楽業界でも大きな話題になっているNFTを活用してクライアントに新たな直接収益をもたらす新サービス「Digitama™」のローンチを発表した。

アーティストの間でも注目が集まるNFT


NFT(ノン・ファンジブル・トークン)とは、これまで困難だった形のないデジタルコンテンツや、マーチャンダイズの所有権をビットコインのようにブロックチェーンテクノロジーを活用して、コピーできない自分だけのデジタル証明書として発行できる非代替トークンのこと。これによって所有者は、今まで証明することが難しかった「デジタル資産」を自分だけの物だと証明することが可能だ。


すでに海外ではAphex TwinやGrimesのような有名アーティストがデジタルアート作品のチャリティオークションで導入しているほか、3LAUは、デジタルアルバムをNFTオークションで販売し、高額な利益を得るなど、アーティストの間でも注目が高まっている。


関連記事:Aphex TwinとWeirdcoreのコラボデジタルアート作品が1500万円で落札される 



ZAIKO独自のNFTサービス「Digitama™」がアーティストからの先行申し込み受付開始 


今回ZAIKOが発表した「Digitama™」は、DigitalTamashii(デジタル魂)の略語で、MultiBaasブロックチェーンミドルウェアを提供するCurvegrid社との提携により開発されたZAIKO独自のNFTサービス。このサービスによって、ファンはファンはブロックチェーン台帳を通じてアーティスやイベントのデジタルコンテンツを自分だけの物である証明をすることが可能になり、デジタルコンテンツをコレクションしたり、その権利を転売し利益を上げるなど、これまで例がなかった全く新しい価値観で自らのデジタル資産の所有権を持つことができる。また、アーティストや主催者はNFTがより高額で新たな所有者に転売された際に一部の収益を受け取ることができる。

現在、ZAIKOでは、この取り組みに対して関心のあるアーティストやイベント主催者と限定的に開発を行なっている。今後も限定的ではあるが、アーティストとの開発を継続していく予定とのことで関心のあるアーティストからの先行申込を限定数で受け付けている。NFTプロダクトに興味がある人は、こちらのリンク先で「Digitama™」の詳細をチェックしてエントリーしてみてはいかがだろうか?

written by Jun Fukunaga



SHARE