優雅なディナーを楽しもう! 日本の主な港から出航しているディナークルーズ情報

東京、神戸、横浜。大都市の港にて大人気のディナークルーズを楽しもう
SHARE
2018.10.19 05:00

大都市の港にて大人気


東京や神戸・横浜といった港町では、豪華なクルーズ船に乗って優雅な気分を味わいながら素敵なディナーまで楽しめてしまう「ディナークルーズ」が大流行している。各港から出航しているディナークルーズ船に関して、都市別のおすすめ船を紹介する。



東京湾から出航しているディナークルーズ船


海に面する日本の首都・東京の東部に広がる東京湾からは様々なディナークルーズ船が出ている。その中で、特に人気が高いのが長距離系の「シンフォニー」であるが、こちらのディナークループプランは2つの橋の下をくぐるのが特徴だ。具体的にはまずJR浜松町駅付近の日の出桟橋を出て、まず新橋とお台場・豊洲方面を結ぶレインボーブリッジの下を通過する。その後、台場地区の横を通過して江東区南端の埋め立て地を過ぎた場所で方向を変えて、浦安の東京ディズニーリゾートの付近まで進む。そして、TDR付近で折り返したら江東区の東京ゲートブリッジの下を通過し、日の出桟橋まで戻って来るようなコースになっている。なお、レインボーブリッジ・東京ゲートブリッジという2つの橋は美しくライトアップされている橋として知られている橋だ。


また、ところどころから東京タワーや東京スカイツリーがよくみえるほか、東京ゲートブリッジの付近からは東京ディズニーランドのシンデレラ城まで見える。似たような船は多数あるが、船から様々な景色をみたい場合は、「シンフォニー」が大変おすすめである。





神戸港から出航しているディナークルーズ船


神戸とは北側の摩耶山掬星台から見る神戸市街地の夜景が「日本三大夜景」に指定されている、夜景の美しさで有名な街だ。ただ、北側の山の上に行くには歩いたりロープウェイを乗り継いだりする必要があって、アクセス良好とはいえない。一方、神戸港の海は神戸中心街から近い場所にあって大変アクセスが良い。そんな市街地から近い神戸港からは様々なタイプのディナークルーズ船が出航していて、海の上から見事な神戸の街の夜景を堪能する事が出来る。その中でも一番人気が高いのが「ルミナス神戸2」という豪華客船で、幾つかのコースが存在するが夜の時間帯には長距離の140分コースが設けられている。


このコースは、神戸港を出て神戸の海を西へと進んでいき、明石海峡にかかる明石海峡大橋の下を通過したのちUターンして再び神戸港に戻るというコースだ。140分コースの乗船料金は大人3240円で食事料金は別となるが、あまり予算がない場合は船内で食事を摂らずに豪華客船の雰囲気と夜景だけを楽しむ事も出来る。ただし、船内への飲食物の持ち込みは一切禁止のため、飲み物を飲みたい場合は船内レストランで飲み物を購入する必要がある。


また、豪華系の船で「ルミナス神戸2」と人気を2分するのが「コンチェルト」というディナークルーズ船で、こちらは各部屋にてミュージシャンによる生演奏を楽しめるのが特徴だ。具体的にはディナークルーズを楽しみながらプロの演奏家によるピアノや弦楽器・管楽器を使ったクラシック・ジャズ音楽が楽しめる。さらに日によってはジャズ系の音楽イベントやコンサートも楽しめるため、音楽好きの人には「ルミナス神戸2」より「コンチェルト」のほうがおすすめだ。





横浜ではサザンの名曲に出てくる有名な船でのディナークルーズが楽しめる


横浜の海は神戸同様に市街地のそばにあり、海から見る市街地の夜景の美しさには定評がある。その中でもサザンオールスターズの大ヒット曲に登場するあの船は、サザン効果もあって極めて高い人気を誇る。その船とは「マリーン・ルージュ」で、1998年2月発売のシングル「Love Affair」のサビにて船の名前が歌詞で登場するため国内にて極めて高い地名度を誇る。


この船は、全長が50m以上あって2階建てとなっている旅客定員330名の大型船で全体的に豪華な雰囲気がある。カップルなど少人数で食事を摂れるほか、2Fの客室では20人から30人規模の盛大なパーティーも行うことが可能だ。さらに3階(屋上の)スカイデッキでは1F・2Fとはまったく違う360度パノラマの景色を楽しみながら飲み物を飲んだりして過ごす事が出来る。1日に4便が出ていて、60分・90分・120分コースがあり、夜の120分コースは乗船料金が大人1人あたりに2800円に設定されている。




written by 編集部


photo: facebookfacebook2


SHARE