昭和を代表する名作アニメ「デビルマン」が湯浅政明監督の手によって復活、クラブイベントも開催

「DEVILMAN NIGHT」には石野卓球、☆Taku Takahashi、般若ら豪華アーティストが決定
SHARE
2017.12.13 03:00

「あれは誰だ、誰だ、誰だ」とか、「誰も知らない知られちゃいけ〜ない〜」とか曲の歌詞が耳に残ってよく口ずさんだな〜と。出てくる怪物の悪魔が怖いんだけど、、死に方が酷いし、、何て子供心に思って見ていた「デビルマン」。連載開始から45年経つんだって。え、、そんなに経ってるの?っと思いますが、何と今回「DEVILMAN crybaby」として、Netflixのでアニメ化が決定した。巨匠・永井豪の原作コミック「デビルマン」を平成の名アニメーション監督、湯浅政明氏が、現代に描かれるべきアニメとして新たな映像化に挑戦しているという。


湯浅政明監督より、「人間の欲望が渦巻くセクシャルな描写、デビルマンと悪魔たちが繰り広げる激しいバイオレンス描写など、Netflix配信ならではの表現を追求した、今だからこそ表現できる《デビルマンの真の姿》が誕生した」っていうから気にならない訳はない。




トレーラームービーからも見て取れる、今までで最もセクシャル&バイオレンス、過激になったデビルマンを是非見に行きたい。


また、この作品では音楽にもかなり強いこだわりが! あの「デビルマンのうた」が新たに蘇っている。原曲の「デビルマンのうた」(作詞:阿久悠/作曲:三沢郷)が新生「デビルマンのうた」では、歌唱、女王蜂のアヴちゃん、牛尾憲輔が編曲を担当。見事にスタイリッシュな形で復活している。女王蜂のアヴちゃんは今回「魔王ゼノン」の声優としても参加している。




そして、主題歌の「MAN HUMAN」には、電気グル―ヴ(Ki/oon Music)、特別エンディングの「今夜だけ」には石野卓球と七尾旅人によるユニット“卓球と旅人(Ki/oon Music)として石野卓球がフル稼働! 「MAN HUMAN」は、2018年1月10日にリリースされる。




記念すべき「デビルマン」復活を祝って、12月28日に渋谷wombで開催される『DEVILMAN NIGHT』前半では、1月5日の世界同時ストリーミング開始に先駆けて、『DEVILMAN crybay』第1話の上映と、湯浅政明監督と KEN THE 390、他ゲストが登場する、スペシャル・トークセッションも行われる。招待者限定のプレミアム試写会は残念ながら受付は終了してしまったが、そのあとに開催される『DEVILMAN NIGHT』では「DEVILMAN crybaby」の世界観を大胆にフィーチャーし、過激でセクシャルな演出や豪華アーティストが共演を果たす一夜限りのスペシャルなクラブイベントが開催される。




出演には、主題歌 「MAN HUMAN」を提供した電気グルーヴのメンバー石野卓球、そして作品の音楽を担当する牛尾憲輔。劇中で声優にも挑戦している気鋭のラッパーKEN THE 390、YOUNG DAIS、般若。ヒューマンビートボクサー AFRA。そして、スペシャルゲストに湯浅政明監督の熱烈なファンでもありm-floとしての活躍でも広く知られる☆Taku Takahashiと超豪華メンバーが並ぶ。他ではなかなか実現することのない組み合わせによる共演。また、「DEVILMAN crybaby」の第1話にも登場した、悪魔を呼び出すためのパーティー“サバト”をクラブイベントとして再現した演出も用意される、まさにスペシャルな内容だ。

さらに、会場に特設されるNETFLIX LOUNGEでは、巨大モニターやタッチアンドトライアル・コーナーで、配信に先駆けて 「DEVILMAN crybaby」の上映や、Netflixの注目作品なども楽しめるという。数多くのハイクオリティな作品を手掛け、世界で評価されるアニメーション作家、湯浅政明監督によるアニメ作品 「DEVILMAN crybaby」の世界観を、日本を代表するクリエイターやアーティストが一堂に会し繰り広げられる、2Dとリアルがクロスオーバーする今までにない特別なクラブイベントに足を運んでみてはいかがでしょうか?




12/28 THU

「DEVILMAN NIGHT by NETFLIX」

OPEN: 22:00 CLOSE 4:30 | DOOR: ¥3,000




SPECIAL GUEST: ☆TAKU TAKAHASHI

LINE UP: 石野卓球, 牛尾憲輔, KEN THE 390, AFRA, YOUNG DAIS, 般若

主催: NETFLIX

http://www.womb.co.jp/event/2017/12/28/devilman/


SHARE