田我流最新アルバム収録の「Wave」、KMによるリミックスが配信スタート

6月15日に地元甲府でスタートするツアーの大阪・東京両公演にはC.O.S.A.とNTsKiの参加が決定。田我流監修のアツすぎるツアーグッズもチェック。
SHARE
2019.06.14 03:00

発売中の田我流3rdアルバム『Ride On Time』から、C.O.S.A.をフィーチャーした「Wave」のKMによるリミックス曲が配信リリースされた。





田我流『Ride On Time』より「Wave」のKMリミックスがリリース。ツアー会場限定アイテム、追加ゲストアクトをチェック


6月15日(土)から始まる「Ride On Time Tour」の全公演にDJとしてゲスト参加するKM(ケーエム)が、田我流のC.O.S.A.を迎えた楽曲「Wave」をリミックス。本日配信が開始された。


「Wave (feat. C.O.S.A.)」はともに釣りを趣味(というかライフワーク)に持つ2人のやりとりとともに、海に向かってロッドを振りながら、物思いにふける心情やライフストーリーがコミカルに綴られた楽曲だ。絶え間なく打ち寄せる波と、時間の波、または時代の波を比喩しつつ、荒波に揺られるシリアスな時もあるけどユーモアは忘れないという人生観が歌詞から見えてくる。


KMによってリミックスされた「Wave」は原曲に漂う哀愁とソウルフルな雰囲気を残しつつも、レトロゲームを彷彿とさせるメロディがノスタルジーを感じさせる。時間の流れや、感情の浮き沈みを表現するかのように四つ打ちとハーフビートをシームレスに行き来しながら、キッチリとリズムはキープしたまま展開していく、ダンサブルなリミックスに仕上がっている。




ツアー全公演帯同のゲストメンバーとして存在感を放つKM


田我流は、昨年発表されたKMのアルバム 『FORTUNE GRAND』にゲストとして参加して以来、自身のアルバムでも「Anywhere (feat. NTsKi)」のプロデュースを依頼するなど全幅の信頼をKMに寄せている。





KMは、ヒップホップに根ざしたスタイルを保ちながらも、ジャンルという概念に縛られる事のない音楽性と高いクオリティーで、多くのラッパーから引っ張りだこの人気プロデューサーである。


個人的にはKMが国内外のアーティストをボーダレスにリミックスした「KM BOOTLEGS」シリーズやリミックス楽曲のファンで、SoundCloudを追っかけていた。海外のアーティストだろうと国内のアーティストだろうと関係なく、KMのフィルターを通すことでフラットにその楽曲とアーティストの魅力を伝えてくれる希有なトラックメイカー/プロデューサーだ。




楽曲の多くに、Future Bassのようなキラキラとしたポップな音色が加えられているが、決して“カワイイ”方向にはならずスタイリッシュでクールな独自の世界観を確立している。


ヒップホップを軸にJazzやSoulといったブラックミュージック、EDMやHouse、Chillbass、Jursey Club、Moombahton、Latinなどさまざまな音楽性を横断し無国籍でノンジャンルなのが特徴だ。ゴリゴリに強調されたベース、転調してもキープされたリズム、踊りたくなるグルーヴ感、ボーカルのエフェクトや絶妙なカットアップなど、魅力を挙げれば枚挙に暇はない。


KMは田我流の「Ride On Time Tour」の全公演にオープニングDJとして参加する。DJ用のエディットやリミックスを得意としているので、「Wave (Remix)」以外にも多くのボムを用意してくるだろう。







大阪・東京、両公演にC.O.S.A.とNTsKiが参加。ツアーグッズもヤバイ


アルバム『Ride On Time』の参加アーティストで「Wave」にフィーチャーされている知立のリリシストC.O.S.A.と、「Anywhere」にフィーチャーされているNTsKiが、それぞれ「Ride On Time Tour」の大阪と東京の公演にゲストとして参加することが決まった。音源とはまた違った、ライヴならではのダイナミックな共演が間近で観られるチャンスだ。


また、バックDJとして田我流の背を支えるのは、岩手出身で山梨を拠点に活動する“岩手の大地に育まれたビートレスラー”MAHBIE。義兄弟ともいえるタッグのコンビネーションとツープラトンも見所となる。


そして田我流のInstagramにて、ツアー会場限定アイテムが公開。『Ride On Time』ジャケットアートワークを手がけたNEHAN BROWNによる、田我流肝いりのデザインが落とし込まれた“Rush Hour 5 Tシャツ”とバックにジャケがプリントされた“Ride On Time Tシャツ”の2型だ。各4000円とのこと。会場に足を運んだ際にはぜひ手に入れておきたい。







田我流の「Ride On Time Tour」は明日6月15日(土)の甲府Convictionを皮切りに、6月21日 (金)福岡Early Believers、6月22日 (土)大阪Sunhall、そして7/7(日)東京WWW Xと回る。各プレイガイドでチケットが発売中。




▶田我流/Wave (feat. C.O.S.A.)[KM Remix]

https://ssm.lnk.to/wave_remix


▶田我流/Ride On Time

https://ssm.lnk.to/rideontime




▶Ride On Time Tour

with MAHBIE, KM and Guests


甲府公演

日時: 6/15 (土)

会場名: 甲府 Conviction

開場/開演: 18:00/19:00

前売り: 3,000円 (税込・入場時ドリンク代別途)


福岡公演

日時: 6/21 (金)

会場名: 福岡 Early Believers

開場/開演:19:00/20:00

前売り: 3,000円 (税込・入場時ドリンク代別途)


大阪公演

日時: 6/22 (土)

会場名: 心斎橋 Sunhall

開場/開演:18:00/19:00

前売り: 3,000円 (税込・入場時ドリンク代別途)

ゲスト: C.O.S.A., NTsKi


東京公演

日時: 7/7 (日)

会場名: 渋谷 WWW X

開場/開演:18:00/19:00

前売り: 3,300円 (税込・入場時ドリンク代別途)

ゲスト: C.O.S.A., NTsKi


前売りチケットは、e+, LAWSON, ぴあ等で発売中。


e+:https://eplus.jp/sf/word/0000053945

LAWSON:https://l-tike.com/keyword/%E7%94%B0%E6%88%91%E6%B5%81/

ぴあ:https://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=A1210026



photo:Yukitaka Amemiya


▶田我流(でんがりゅう)

山梨県笛吹市一宮町出身。趣味は釣り。尊敬する人は松方弘樹。高校1年でHiphopに出会い、リリックを書き始める。2004年に地元の幼馴染とラップグループ=stillichimiyaを結成し、2008年にファースト・ソロ「作品集~JUST~」を発表、2012年4月に発表したセカンド・アルバム「B級映画のように2」でその評価を確固たるものにする。2015~16年はバンド・プロジェクト「田我流とカイザーソゼ」として数々のライブをこなす。その頃から更なる音楽性の向上の為、Falcon a.k.a. Never Ending One LoopとしてBeat Makeも始める。野蛮さと繊細さを兼ね備え、アッパーな楽曲からコンシャス、叙情的な楽曲まで幅広く乗りこなす作詞力と音楽性、ガツガツと畳み掛けるエモーショナルなライブパフォーマンスには定評がある。4月24日には自身の原点回帰を計るべく新しいプロデューサー陣と制作した待望のサード・アルバム「Ride On Time」を発表。6月に甲府から始まる全国ツアーを敢行する。


written by Tomohisa“Tomy”Mochizuki


photo:Mary Joy Recordings

SHARE