Daft Punk、最新音源として映画スコア制作が報じられるも現段階では噂の域を出ず…

映画『サスペリア』で知られるダリオ・アルジェント監督最新作のスコアを手がけることが報じられていた。
SHARE
2020.05.02 08:00

今年4月末にここ数年、リリースがないDaft Punkが最新の音源となる映画のスコアを手がけると報じられたが、現在はどうやらまだ噂の域を出ない話のようだ。



Daft Punk、映画『サスペリア』監督の新作映画スコア制作を報じられるも…  


当初、Daft Punkは、ホラー映画のクラシック『サスペリア』で知られるイタリア人映画監督のダリオ・アルジェントの新作映画『Occhiali Neri(英語タイトル:Black Glasses)』のスコアを手がけることが決まっていることが、イタリアメディア「Repubblica」のダリオ・アルジェントへのインタビューで語られていた。


『Occhiali Neri』は、ローマとその周辺の田舎を舞台にした中国人の女性と子供によるアドベンチャー映画作品でダリオ・アルジェントの娘であるアーシア・アルジェントも出演予定と報じられており、報道の内容が事実であれば、Daft Punkにとっては2010年のSF映画『トロン: レガシー』以来のスコア作品となる。





Daft Punkが映画のスコアを手がけるのはあくまで監督の願望!? 


しかしながら、この報道について、映画のプロデューサーを務めるUrania PicturesのConchita AiroldiとGetaway PicturesのBrahim Chiouaは、ダリオ・アルジェントがインタビューで語ったDaft Punkがスコアを手がけることについては、すでに決定したことではなく、あくまでダリオ・アルジェントが彼らにスコアを手がけてほしいという願望を持っているにすぎないとしている。また映画自体は現在、プリプロダクション段階であり、ダリオ・アルジェントの希望は最近のアジェンダには含まれていないという。 


このことから現時点では、Daft Punkの最新音源に関してはこれまでにもよくある噂レベルの話だと言わざるをえない。Daft Punkはデュオとしては2013年の『Random Access Memories』以来、オリジナル作品をリリースしていない。  


ただ、近年はメンバーのソロでのプロデュース作品は発表されており、映画関係では昨年、日本でも公開されたDaft Punkとも縁が深いギャスパー・ノエ監督作品『CLIMAX』にThomas Bangalterが新曲"Sangria"を提供している。



ファンとしては今回のスコア制作の正式なオファーがDaft Punkに出された上で彼らが承諾することに期待したい。 


written by Jun Fukunaga 


source: 

https://djmag.com/news/daft-punk%E2%80%99s-film-score-dario-argento-might-not-be-happening-after-all

photo: chrisjortiz



SHARE