CDを販売せずにグラミー賞新人賞を受賞!? Chance The Rapper(チャンスザラッパー)の人気曲

サマソニ2018で来日決定!! Chance The Rapper(チャンスザラッパー)の人気曲をまとめてチェック!!
SHARE
2018.08.17 04:00

1993年生まれで音源を無料提供する若手ラッパー




コンピューター・インターネットの発達が進んで音楽業界にも様々な変革が起こる中、Chance The Rapperという1993年生まれの若手ラッパーが大きく注目されている。彼はなんと音源を一切有料販売することなく2017年にグラミー賞の最優秀新人賞を受賞した。そんな彼の代表曲・人気曲を紹介する。



Chance The Rapperのプロフィール(ブレイク前まで)


まずはじめに、まだ日本ではブレイク前でそんなに知名度が高いとは言えないChance The Rapper(チャンスザラッパー)のプロフィールを紹介する。彼は1993年4月にアメリカ北東部のイリノイ州・シカゴで誕生したアメリカ人男性で、このChance The Rapperという奇抜なアーティストネームはChancelor Jonathan Bennettという本名に由来する。政治関連の仕事をする親のもとに生まれ、父親の仕事の関係でオバマ氏とも個人的な接点のある彼はもともとはジャズなどを好んで聴いていた。


しかし、当時デビューして世界的なスターとなったカニエ・ウエストの音楽を聴き始めてからはヒップホップにのめり込むようになり、そのうち聴いているだけでなく自ら音源も作り始めるようになる。そして高校の頃、ある不祥事により停学処分に受けていた頃に最初のミックステープ作品「10 Day」をリリース。「10 Day」の大ヒットを受けて2013春に2ndミックステープ「Acid Rap」を発表すると、なんと150万ダウンロード以上のメガヒットを飛ばして当時20歳のChance The Rapperに音楽業界関係者からの注目が集まり始める。その後、イベント出演や他のアーティストのコラボにてその名声を高めていき、音源が大手配信サービスにて幅広く配信されるようになってからは世界的な人気を獲得していく。




2017年にCDのリリースなしでグラミー賞を受賞して世界中に衝撃を与える


世界中の注目が集まる中、2016年春にはCDの販売・音源のダウンロード販売も行わず、「Apple Music」という音楽ストリーミングサービスのみで聴ける4thミックステープ「Coloring Book」を発表。このアルバムが「Apple Music」で大量再生回数を記録したほか、のちに無料ダウンロードも可能になって高いダウンロード数を記録する。なお、通常ストリーミングのみの作品はビルボードチャートにランクインされることはないが、音楽業界が意識の変化を求められる中、ストリーミング作品ながら見事にビルボードチャート上位にランクインして話題になった。このように2016年に類まれる才能で音楽業界を大きく動かしたことが高く評価され、2017年2月開催の第59回グラミー賞ではThe Chainsmokersなどを抑えて、主要賞の一つである最優秀新人賞を獲得。また、最優秀ラップアルバム賞に「Coloring Book」が選ばれたほか、他のアーティストとのコラボ曲「No Problem」にて最優秀ラップパフォーマンス賞までも受賞した。





Chance The Rapperの代表曲1「No Problem」




Chance The Rapperの曲で圧倒的な人気を誇るのが、Lil Wayne・2 Chainzとのコラボ曲で、2017年にグラミー賞の最優秀ラップパフォーマンス賞を受賞した「No Problem」という曲だ。大物ラッパー2人とのハーモニーが見事な作品で万人受けするこの作品は、Chance The Rapperの公式映像チャンネルにて1億3000万回以上再生されている。



Chance The Rapperの代表曲2「Same Drugs」




続いてChance The Rapperの曲の中で特に人気が高いのが「Same Drugs」という曲だ。こちらはグラミー賞の最優秀ラップアルバム賞に選ばれた「Coloring Book」に収録されているアルバム曲で、「No Problem」とはまったく違うChance The Rapperの別の魅力が詰まった作品となっている。具体的には、この曲はジャズとソウルとヒップホップが融合したような曲で、PVは彼がピアノを弾くシーンから始まり、前半はジャジーな雰囲気があるが後半にはラップパートもあり、Queenの名曲「ボヘミアンラプソディ」に通ずる壮大な曲に仕上がっている。


Photo: https://www.facebook.com/chancetherapper/

Written by 編集部



SHARE