「iFLYER」と「clubberia」が業務提携を発表!音楽ライフが更に充実する予感!

国内最大手の音楽イベントポータルサイト「iFLYER」と「clubberia」。2つのサイトが業務提携を発表した。さらに便利に使いやすくなるとのこと。
SHARE
2018.04.20 06:04

音楽イベント好き、ナイトライフを楽しんでいる皆さんはお世話になったことがあるだろう。国内大手イベントポータルサイト「iFLYER」と「clubberia」が業務提携を発表した。音楽カルチャーの発展、ナイトタイムエコノミー活性化に向けた今回の業務提携は音楽ライフをもっと充実させてくれる予感しかない。



更に便利に! 「iFLYER」と「clubberia」が公式声明を発表


「iFLYER」を運営する株式会社セブン・セブン・ハーツ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:マレック・ナサー)と株式会社クラベリア(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:高田 恭男)が、業務提携について公式な声明をそれぞれ本日付けで発表した。




2つの音楽イベントポータルサイト間で、音楽カルチャーの発展、とくに夜間のエンターテインメント産業の活性化に向けて、共同でサービスを開発していくとのこと。


声明によると「両サイトの事業の根幹には、ユーザーに音楽イベントへ足を運んでもらうことによって音楽による感動体験をしてもらうという共通意識があり、10年以上の音楽イベントポータルサイト運営の中で培ったノウハウや繋がりを駆使し、更に魅力的なイベントや音楽的知見をユーザーの方々にご提案していきたい」と綴られている。また、増加している訪日外国人をフォローし、国内コンテンツ情報と魅力を外国人向けに発信、サービスの拡充を図っていくという。



Photo by Anthony DELANOIX onUnsplash


「i FLYER」のチケット決済サービス「APEX」を「clubberia」でも導入


業務提携の第一段階として「i FLYER」の最大の利点であるチケット予約決済サービス「APEX」を「clubberia」にも導入し、ひとつのシステムを2社間で共同運用する。


これ、使ったことあるけどすごく便利。行きたいイベントを見つけたらそのままオンラインでチケットのクイック決済を行える優れもの。ペーパーレスなので忘れちゃったり、紛失する心配もない。スマホを家に置いてきちまうようなマンモーニ(ママッ子)はいないと思うが、「このイベントに行く」と心の中で思ったならッ! その時すでに行動は終わっているんだッ! 


自身のアカウントに履歴が残るので、いつどんなイベントに行ったかを振り返ることができるのも素敵だ。今後は「iFLYER」だけでなく「clubberia」でも使えるようになるとのことで、利便性がグッと広がる。あたたかくなってきたし、GWには注目イベントが目白押しだ。ガンガン活用してナイトライフを楽しんじゃおうぜ!  




iFLYERについて


iFLYERは2006年にオープン。音楽ニュース及び音楽フェスティバル情報、アーティストへのインタビュー、クラブ、コンサート情報を最先端のトレンドに敏感な若者向けに発信。また、テクノロジーを駆使し、さまざまなシステム開発を通じてエンターテインメント業界をサポートする。


https://iflyer.tv/jp/





clubberiaについて


clubberiaは2000年にオープンした音楽イベントポータルサイト。全国の音楽イベントや音楽フェスティバルの情報の発信のほかに、国内外の音楽ニュース、アーティストへの取材記事などを展開。とくにクラブイベントやクラブミュージックに特化した音楽メディアである。


https://www.clubberia.com/ja/


Written by TOMYMOCHIZUKI



source:

https://iflyer.tv/ja/article/2018/04/20/iflyer-clubberia/

https://www.clubberia.com/ja/news/10508-clubberia-iFLYER/

Photo:iFLYER,clubberiaAnthony DELANOIX on Unsplash



SHARE