Christina Aguilera、ミルクぺろぺろでカムバック。Kanye Westとの楽曲「Accelerate」公開

Christina Aguilera(クリスティーナ・アギレラ)が6年ぶりにアルバムをリリース。『Liberation』から「Accelerate」を公開
SHARE
2018.05.08 03:00

え? これChristina Aguilera(クリスティーナ・アギレラ)なんですか? スッピンの方がいいっすね。歌も相変わらずうまい。6月15日には6年振りのニューアルバム『Liberation』を発売する。アルバムから「Accelerate」のミュージック・ビデオを公開した。Ty Dolla $ign(タイダラーサイン)と2 Chainz(2チェインズ)をフィーチャーし、プロデュースは渦中のKanye West。その内容もセンセーショナルな1曲。




ミルクペロペロ、ハチミツベトベトなMVで歌姫がカムバック


長らく音楽シーンから離れていたChristina Aguilera。Kanye West プロデュースの「Accelerate」で復活の狼煙をあげた。


MVを手掛けたのはZoey Grossman(ゾーイ・グロスマン)。Christina Aguileraはビデオの中で猫のようにミルクをなめ、裸でハチミツまみれになるという身体の張りっぷりを披露。年齢を重ねても若々しく、ナチュラルでヌーディな印象がバリバリのメイクよりもセクシーさを際立たせている。




Christina AguileraとKanye Westのつながり


Kanye Westと Aguilera嬢はRick Rubin(リック・ルービン)のシャングリ・ラスタジオで一緒に制作活動を行っていたが、Kanyeが2016年に精神不安定な状態で入院せざるを得ない状況となってしまい、当時のコラボレーションは叶わなかったそうだ。


アフロなビート、ボーカルサンプル、変則的なトラックはKanye Westのエッセンスが詰まっている。今のKanyeの人間としての状態は“いい”とは言えないかもしれないが、楽曲はやはりいい。


今回、Christina AguileraのアルバムでKanyeは「Accelerate」ともう1曲、「MARIA」という楽曲をプロデュースしている。




素顔のAguilera。イントロダクションPV「Where’s Maria? 」


「Accelerate」を公開した翌日にAguileraは「Where’s Maria? 」というアルバムのイントロダクションムービーを公開した。「Accelerate」と同じくZoey Grossmanが監督を務める。そこには日々を過ごす素のAguileraの姿が映し出され、本人のナレーション でMaria(マリア)についてが語られている。MariaとはAguileraのミドルネームなのである。


Paper Magazineの表紙をスッピンで飾るなど、Aguileraの「素顔」というのがアルバム『Liberation』のテーマのヒントになっているのかもしれない。2010年のアルバム『Bionic』とはまるで別人だ。



Photo:YouTube






以下はアルバムのアートワークとトラックリストである。



Photo:consequenceofsound


Liberation Tracklist:

01. Liberation

02. Searching for Maria

03. Maria

04. Sick of Sittin’

05. Dreamers

06. Fall in Line (feat. Demi Lovato)

07. Right Moves (feat. Keida & Shenseea)

08. Like I Do

09. Deserve

10. Twice

11. I Don’t Need It Anymore (interlude)

12. Accelerate (feat. Ty Dolla $ign & 2 Chainz)

13. Pipe

14. Masochist

15. Unless It’s With You


え? これChristina Aguileraなんですか? スッピンの方がいいっすね(デジャヴ)。


主演映画『Burlesque』のシーンとリンクする


素顔といえば、主演映画『Burlesque』では役でありながら、素朴にひたむきに夢を追うChristina Aguileraを見ることができる。この映画のおかげで。メイクでケバケバしいChristina Aguileraしか知らなかった僕は、彼女の魅力に気づくことができた。


Aguileraは映画『Burlesque』の劇中で、先日亡くなったAvicii「Levels」のネタとして有名な「Something's Got a Hold On Me」をカバーしている。歌手として夢を叶えるべく、都会に出るための資金稼ぎで働く店での一幕なのだが、お客さんのいない店内でパワフルで繊細なその歌声を披露するAguileraに鳥肌が立ったのを覚えている。





アルバムは6月15日発売。前作、『Lotus』から空白の6年間での心境の変化や、アーティストとしての成長を見せてくれることを期待したい。


written by Tomy Mochizukiy


source:http://www.papermag.com/christina-aguilera-accelerate-2565550824.html

https://consequenceofsound.net/2018/05/christina-aguilera-liberation-kanye-west/


photo:consequenceofsound,Christina Aguilera YouTube



SHARE