「This Is America」に盗作疑惑!? 類似点の多い曲が話題になるが、マネージャーは否定

インスピレーション? 盗作? それとも偶然? 幾度となく繰り返すこの問題は、「This Is America」も例外ではない。
SHARE
2018.06.26 11:00


Childish Gambinoに盗作疑惑!?


先日、「This Is America」がSNS上で再び話題に上がった。しかし今回はあまりいいニュースではないようで、Childish Gambinoに盗作の疑いが出ている。まず最初に、問題となっている「American Pharaoh」と「This Is America」を1度聴き比べてみて欲しい。



そしてこちらが「This Is America」だ。




まずは「This Is America」であるが、同曲はアメリカの現状を上手く反映し、たった4分間で多くのことを訴えかけた。多くのメディアから賞賛された一方で、山積みになったアメリカの問題を再提起したのも事実。現在このMVは3億回以上再生されている。また日本人映像作家のHiro Murai氏がMVを手がけたことでも話題になった。


関連記事『Childish Gambino「This is America」が注目される理由 歌詞サイト「Genius」で史上最速100万PVを獲得


今回話題になっている「American Pharaoh」は2016年にJase Harleyがリリースした作品だ。曲を聴いてみると、18秒以降のフロウがかなり似ていることがわかる。偶然にしては類似点が多く、Childish Gambino自身この曲にインスパイアされた可能性は大いにあり得るだろう。


しかし「盗作」なのだろうか?


フロウや声の抑揚から、警察による職権乱用への言及など、あらゆる部分で似ている点は存在するが、ビートやコーラスなど決定的に違う部分も多い。同曲が「This Is America」にクレジットされてないことも、問題が大きくなっている要因である。



Jase Harley側は自然な反応を見せているのに対し...


 

JaseはChildish Gambinoの才能に敬意を払った上で、この事実を非常に肯定的に捉えているようだ。狼狽えた様子もないことから、裁判までこの問題が発展することはないと思われる。彼のコメントに、「This Is America」のリリースから1ヶ月以上時が経っていることを加味すると、第3者が持ち込んだネタにメディアが食いついた形であろう。


その一方で、Childish Gambino側は少し違ったようだ。既に削除されているが、マネージャーのFam Rothsteinのツイートよると、「This Is America」は実は制作から3年以上経っているようで、盗作の疑いを完全に否定している。


パクり、インスパイア問題に終わりはあるのだろうか?


パクりかインスパイアかの問題は常に議論されており、新しい作品リリースされる限りは収まることはないだろう。すっかり無法地帯化してしまったSNS上では、和訳しただけのリリックやまるっきり同じビートを使った作品など、法律を遥かに凌駕するスピードで次々と問題が現れる。最近のトレンドは盗作未遂の制作者に対し、第3者からの無責任な誹謗中傷であろうか? 今回の問題の本質が何にせよ「This Is America」は海を越え、常に新しい問題提起をしてくれる。


果たしてこの議題への答えはこの先現れるのか。1つ間違いなく言えるのは、アーティストへのリスペクトを忘れてはならないことだけだ。


written by Yoshito Takahashi


source: https://allhiphop.com/news/childish-gambino-accused-of-stealing-this-is-america-from-another-artist-fWVznVap-Ue66orNp2Sg8w/ 

https://genius.com/a/childish-gambino-s-this-is-america-sounds-a-lot-like-jase-harley-s-american-pharaoh?utm_source=home_featured_stories 


photo: Donald Glover Facebook

SHARE