Childish Gambino(チャイルディッシュ・ガンビーノ)はラッパー・俳優両方で活躍するアメリカ人

話題の人物、Childish Gambino
SHARE
2018.07.04 04:24

話題の人物、Childish Gambino


現在、Childish Gambinoという話題のラッパーがアメリカに存在する。2018年2月開催のグラミー賞にて主要2部門にノミネートされた人物で俳優・コメディアンとしても活動する。そんな彼はどんな人物であるのだろうか。


Childish GambinoことDonald Glover(ドナルド・グローヴァー)の生い立ち


Childish Gambinoは、アメリカ人の人気俳優・コメディアンであるDonald Gloverがラッパーとして活動する際のアーティストネームである。そして、本名のフルネームはDonald McKinley Glover Jr.という。


1983年にアメリカ西部のカリフォルニア州で誕生した彼は、ニューヨークの美術系学校を卒業したのち、まず表舞台ではなく裏方としてテレビのコメディ番組等に関わるようになった。一方、Childish Gambinoというアーティスト名で2008年頃からラッパーとしての活動もスタートして、同年に初のミックステープ作品『Sick Boi』を発表。その後、2010年までにいくつかの新作を発表してラッパーとしての地位を高めていった。



2011年にメジャーデビュー


独自制作の作品を通じてラッパーとしての評価が上がってきた中、Childish Gambinoは2011年秋にアルバム『Camp』にて遂にメジャーデビューを果たす。そして、このアルバムが全米総合チャートで第11位を記録するなど世界の中の一部地域にてヒットを記録したことで、以降はラッパーとしての活動がメインになる。


2012年以降はアルバムだけでなくシングル曲もリリースするようになり、2ndアルバム『Because the Internet』は、シングルカットされた3作が大ヒットした効果もあって最終的にはアメリカで50万枚を超える売り上げを記録した。



第60回グラミー賞を受賞


2ndアルバムの大ヒットにより、ラッパーとしての地位を確固たるものとしたChildish Gambinoの勢いは、止まらない。2016年に秋には「Me and Your Mama」「Redbone」と、シングルを立て続けにリリースして12月には3rdアルバム『Awaken, My Love!』を発表してこのアルバムも前作同様に大ヒットした。その後、2017年末には第60回グラミー賞のRECORD OF THE YEARに「Redbone」がノミネートされたほか、ALBUM OF THE YEARに『Awaken, My Love!』がノミネートされる。また、「Redbone」はBEST TRADITIONAL R&B PERFORMANCE部門にもノミネートされた。


翌年2月開催の第60回グラミー賞においては、主要2部門はいずれもBruno Marsが受賞したためグラミー受賞はならなかった。しかし、BEST TRADITIONAL R&B PERFORMANCE賞の受賞を果たしたことで一気に知名度が上がる。




「This Is America」がメガヒット、またMVが話題に


第60回グラミー賞ノミネート&受賞の効果により、一気に注目度が上がったChildish Gambinoは2018年5月に新作を発表。シングルのタイトルは「This Is America」で、この曲はアメリカでラップ・ヒップホップ系音楽チャートにて首位を獲得したのはもちろん、アメリカ総合チャートでも首位を獲得した。さらに英国・カナダ・オーストラリアなど世界各地でもメガヒットを記録し、日本でも高い注目を集める。


なお、この曲はミュージックビデオが印象的で、アメリカという国が抱える様々な社会問題を暗示しているのではないかと世界中で話題になったことで知られる。なお、Childish Gambinoはもう一つの本業である俳優分野でも2010年に入ってコンスタントに活躍を続けており、今後はグラミー賞だけでなくアカデミー賞受賞の可能性もある注目の人物だ。



photo: https://www.facebook.com/pg/donaldglover/photos/?ref=page_internal


written by 編集部

SHARE