1994年生まれのCarpainterとisagenがUKサウンドへのリスペクトを込めたコラボEPをリリース

UKサウンドのジャンルレスな雰囲気にシンパシーを受け、コラボEPをリリース。
SHARE
2020.08.05 04:30

日本を代表するダンスミュージックレーベル「TREKKIE TRAX」に所属し、普段から親交が深いCarpainterとisagenによる両名が、UKサウンドのジャンルレスな雰囲気にシンパシーを受け、コラボEPをリリースした。


収録曲の“Hawks”は、2020年2月にisagenが住居を構える静岡のスタジオで2日間におけるセッションを行い、isagenのエレキギターサウンドを元に制作したアトモスフィア・サウンドをメインメロディーに採用し、Carpainterが得意とするドラムトラックが象徴的なブレイクビーツ。


また”Subliminal”は、UKファンキーの名門レーベル<Roska Kicks & Snares>からもリリース経験があるisagenが得意とするUKファンキーを主軸に、ダイナミクス感の強い生のスネアサウンドを盛り込んだ初期のファンキーハウスを意識し、Carpainterが更にダンストラックとして昇華させた。



またアートワークは福岡を中心にインクでのドローイング中心の抽象的な作風によるライヴペインティングや壁画へのペイントを行うアーティスト/ビートメイカー “lee (asano+ryuhei)” が本作をイメージしたドローイングを提供した。 


リリースコメント


TREKKIE TRAXの最初期から共に活動していたisagenですが、意外にもコラボしたのは今回が初めてでして、数年経った今しっかりと形にできて嬉しいです。UKのベースミュージックを軸にしつつ、二人の色がうまく現れた内容になったと思います。(Carpainter)


我々のUK愛がふんだんに凝縮された2曲です。 Carpainterの持ち前のグルーヴとビートエンジニアリングによって、最高のBreaksとUK Funkyが生まれたと思います。 ちなみに2曲目の"Subliminal"は、静岡出身の大先輩でもあるハリウッドザコシショウ氏の動画を見ながら作りました。 (isagen)





【リリース情報】




アーティスト名:Carpainter VS isagen (読み: カーペインター バーサス イサゲン)

作品タイトル:Hawks / Subliminal (読み: ホークス / サブリミナル)

発売日 : 2020年7月31日(金)

フォーマット: デジタル販売 / ストリーミング

レーベル:TREKKIE TRAX

アートワーク : lee (asano+ryuhei)  (https://twitter.com/000lee000 )


曲目:

1.Hawks

2.Subliminal



リリースURLまとめ:

https://smarturl.it/Carpainter-vs-isagen



【アーティストプロフィール】


Carpainter

横浜在住のTaimei Kawaiによるソロプロジェクト。Bass music/Techno musicといったクラブサウンドを軸に制作した個性的な楽曲は国内外問わず高い評価を得ており、これまで自身の主宰するレーベル「TREKKIE TRAX」や「Maltine Records」よりEPをデジタルリリース、2015年にはレコード形態でのEPやCDアルバムをリリースするなど、積極的な制作活動を行っている。

またポーター・ロビンソン、tofubeats、初音ミク、東京女子流、カプコンといったメジャーアーティストにRemix提供など行っているほか、人気マンガ家「浅野いにお」がキャラクターデザインを務めた映像作品「WHITE FANTASY」では全編において楽曲を提供。2016年には仮面ライダーエグゼイドの主題歌である、三浦大知の「EXCITE」の作曲・編曲を共同で手掛け、同楽曲はオリコンシングルチャート1位を記録した。

その勢いは国内だけにとどまらず、フィンランドの「Top Billin」やイギリスの「L2S Recordings」「Heka Trax」「Activia Benz」などからもリリースを行ない、イギリスの国営ラジオ局「BBC Radio1」や「Rinse.fm」「Sub FM」でも楽曲が日夜プレイされている。また中国や韓国、アメリカでのDJツアーも敢行した。

2016年からは自身の楽曲により構成されたLive Setもスタートし、ライブ配信サイト「BOILER ROOM 」での出演などを果たしている。

ほかにも、m-floの☆Taku Takahashiが主宰する日本最大のダンスミュージック専門インターネットラジオ局「block.fm」では、レーベルメイトとBass Musicを中心としたプログラム「REWIND!!!」のパーソナリティも担当しているなど幅広く活動している。


isagen

1994年生まれのトラックメイカー/DJ、京都を中心に活動する提坂智之のサブプロジェクト。


中学時代、Squarepusherとの出会いに衝撃を受けIDM・アンビエント・エレクトロニカ・シューゲイザーなどに傾倒し宅録を始める。高校時代には地元静岡のライブハウスなどでJames blakeのポストロック・シューゲイザーカバーを演奏するなどの活動をしていた。


自身がギター・ボーカル・プログラミングを務めるポストロックバンド「Polptom」では正規リリースなしにも関わらず岡村詩野、AOKI takamasa、SPECIAL OTHERSのキーボードである芹澤"REMI"優真らが絶賛からサポートを受け一躍話題となる一方、トラックメイカーとしてはフィンランドのレーベル「Topbillin」や「Spin the Disc」をはじめ、イギリス・ロンドンを拠点とするUK Funkyの雄でもあるRoskaが主宰する「Roska Kicks & Snares」からシングルリリースを行うなど、グローバルな活動を行っている。

2018年8月31日に日本のダンスミュージックレーベル「TREKKIE TRAX」より自身初のEPをリリースし、Apple Music 「今週のNEW ARTIST」に選出された。 





SHARE