Cardi Bが2021年初のニューシングル「Up」をリリース&MV公開 「未解決なビーフ」がテーマの楽曲

Megan Thee Stallionとコラボした「WAP」に続くヒットの予感!? しかし盗作疑惑も浮上。
SHARE
2021.02.08 08:30

 Megan Thee Stallion(ミーガン・ジー・スタリオン)とコラボしたシングル「WAP」の大ヒットも記憶に新しいCardi B(カーディ・B)がニューシングル「Up」をリリースした。


同時に公開されたMVはこれまでにKaty Perry(ケイティ・ペリー)やROSALÍA(ロザリア)の作品も手がけてきた映像監督のTanu Muinoによるもの。


「RIP 2020」と書かれた墓場のシーンからスタートするインパクトのあるMVも必見だ!!






「WAP」よりもハードな曲を


「Up」のMVを見る限り「WAP」と同じく、セクシー路線と判断してしまいそうだが、Cardi Bの中では大きな違いがあるようだ。インタビューでCardi Bは「WAP」について「セクシー過ぎた」と話している。旦那であるMigos(ミーゴス)のOffset(オフセット)のアドバイスもあって、もっとハードに、彼女の言葉で言えば「もっと”フッド”な曲にしたかった」そうだ。


Cardi Bのデビューミックステープ『Gangsta B**** Music Vol 1』を知っているファンであれば、ハードで攻撃的なラップを聴かせる彼女の姿が嬉しいに違いない。「Up」ではセクシャルな内容よりも”未解決なビーフ(争い)”をテーマにしていてCardi Bの本来の姿とも言えるだろう。




盗作疑惑も浮上


Cardi Bほどのラッパーともなれば、曲について様々な意見が飛んでくるであろうが、「Up」ではニュージャージー州出身のラッパー2人が自分たちの曲のメロディと同じだとSNS上で訴えている。彼らの曲「Stuck」は2020年8月にリリースしたもので、リリースはこちらの方が早いが、Cardi Bは逆に「Up」を歌っている映像を8月7日に投稿していることをアピール。しかしさらに「Stuck」のプレビュー動画はその1日前に投稿していたと、言い合っている状態のようだ。


確かにかなり似ているものではあるが、”Up”という言葉自体が非常によく使われるものではあるので一概に盗作とも言えないのでは...。Cardi Bは「明らかにインスパイアされたものであれば、パーセンテージを払うのも気にしないわ」とコメントしている。



何はともあれ2021年前半の目立ったヒット曲のひとつになることは間違いないだろう。このままリリースが続きアルバムまでたどり着いて欲しい!!




written by BsideNews


source

https://pitchfork.com/news/watch-cardi-bs-video-for-new-song-up/

https://www.nylon.com/entertainment/hayley-williams-announces-second-solo-album-flowers-for-vases-descansos

https://hiphopdx.com/news/id.60427/title.rappers-accusing-cardi-b-of-stealing-up-dont-believe-in-coincidences-exclusive#





SHARE