日本と世界を繋ぐ若手プロデューサーBUNNY、新EP『All-New, All-Different』をリリース

ビルボードによるBTSのベストリミキサーに選ばれるなどジャンルや国籍に囚われない活躍を見せるBUNNYによる最新作。彼の見据える2020年代の音楽感を存分に詰め込んだ作品に仕上がった。
SHARE
2021.04.29 02:00

DJ/プロデューサーのBUNNYが新EP『All-New, All-Different』をリリースした。



2018年にBTS - Fake Love (BUNNY Remix)で鮮烈なプロデューサーデビューを果たし、世界的DJ Zeddにもプレイされビルボードが選ぶBTSのベストリミキサーに選ばれるほか、2020年にはGLAYのオフィシャルリミックスを務め、Spotifyでは主要プレイリストのカバーを飾るなど国境やジャンルのボーダーラインを破り活動しているBUNNYによる新世代エレクトロミュージック。 


Rock. Alternative, Metal. Emo Rap. Hip-Hop. Future Bass. EDM等既存のジャンルの概念に囚われない楽曲を多数収録し、彼の見据える2020年代の音楽感を存分に詰め込んだ作品となっている。 


本作では、コロナ渦の中SoundCloudやInstagramを通して意気投合したという現在のストリーミングシーンで活躍するアーティスト達が多数参加。SayWeCanFly, familypet, Becko, ONI INC, CVLTE, KISSXSらといったジャンルや国籍の垣根を超えた各シーンで注目な気鋭のアーティストが集結。 


新しくもどこか懐かしい、そして激しくもどこかエモーショナルな雰囲気を感じさせる独特なサウンドに仕上がっている。


14歳からバンドでのギタリスト活動を経て、18歳からDJ、そして21歳から作曲家/プロデューサーとしてマルチなキャリアを通ってきた若き才能が奏でる全く新しいサウンドに要注目だ。





【リリース情報】




BUNNY(バニー) 『All-New, All-Different』


トラックリスト

1. All-New, All-Different

2. Let It Go with Becko

3. fuck you. feat. CVLTE

4. Embrace feat. SayWeCanFly

5. Say Goodbye  feat. KISSXS

06 - Saint Killer feat. ONI INC.

07 - take me back feat. familypet


配信リンク

https://linkco.re/PhcF4MrA


【プロフィール】




BUNNY

17歳からDJ活動をスタートした現在24歳の若手 プロデューサー。


キャリア4年目となる21歳で音楽制作の道を歩み始め2ヶ月でSoundCloudにアップロードしたリミックス「BTS - Fake Love (BUNNY Remix)」がUltra Korea 2018でZeddにプレイされ、一夜にして国際的なセンセーションを巻き起こし、「Billboard Best BTS Remixer」を受賞するに至った。 13歳より始めたギターとDJとして養ったPCミュージックの要素を駆使し、バックグラウンドでもあるパンク、メタル、ハードロック等の要素とTrapやDubstepといったエレクトロな音楽を融合した楽曲を追求している。

最近のコラボレーションでは、イタリア人シンガーのベッコが「Sick Hearted」、アメリカ人シンガーのマックス・ランドリーが「Our Love」、カナダ人シンガーのSayWeCanFlyが最新シングル「Embrace」でグローバルにフィーチャーされており、彼の洗練されエッジの効いたサウンドを通じて、より広く、よりグローバルなオーディエンスから期待を集めている。


Spotify:https://open.spotify.com/artist/5Dccem9dkRqim9eKHXkSd3?si=newFSbCJRE-wdeKo_r2PJg


Instagram:https://www.instagram.com/bunny_jpn/


Twitter:https://twitter.com/BUNNYMUSIC_


SoundCloud:https://soundcloud.com/bunny_jp


YouTube:https://www.youtube.com/channel/UC4e_CDVNMbzPYXfj_uZdLqQ






SHARE