クロスカルチャーイベント『BUDXTOKYO』に石野卓球、Seihoら出演決定

バドワイザーが『mixmag』とタッグを組んだ『BUDXTOKYO』が8月末に開催。Mura Masa、Mija、石野卓球、Seihoが出演。
SHARE
2019.07.18 03:30

プレミアムラガーブランド『バドワイザー』が世界中で開催しているクロスカルチャーイベント『BUDX』の東京版『BUDXTOKYO(バドエックストウキョウ)』が8月29日(木)から31日(土)の3日間にわたり、東京CROSS DOCK HARUMIにて開催される! 


NIGHT PROGRAMとなるMUSICパートに出演する第1弾アーティストも発表されており、海外勢は29日にイギリスが世界に誇るプロデューサーMura Masa(ムラ・マサ)、30日にはSkrillex(スクリレックス)に認められたDJ/プロデューサーのMija(ミーハ)の出演が決定! 

日本からは30日にFlying Lotus(フライング・ロータス)のツアーにも参加し、国内では三浦大知とも共演するSeiho(セイホー)、最終日には電気グルーヴから石野卓球が出演する。


入場チケット(無料)の一次応募受付もスター トしているので、この機会をお見逃しなく!






BUDXとは


2018年からスタートした『BUDX』はバドワイザーがUK発のクラブカルチ ャーメディア『mixmag』とタッグを組み、世界の主要都市において開催しているグローバルなプロジェクト。2019年に入ってからはパリ、ムンバイ、 ホーチミン、ラゴス、ムンバイで開催され、 コーチェラに出演経験もあるTroyBoi(トロイボイ)のほか、Maceo Plex(メイシオ・プレックス)、Busy P(ビジー・P)、Kevin Saunderson(ケビン・サンダーソン)がヘッドライナーをつとめてきた。


『BUDXTOKYO』ではこうした海外からのヘッド ライナーをはじめ、東京のカルチャーを牽引するアーティストたちを世界に向けて発信していく予定なので、今後の出演アーティスト発表も楽しみだ!





バドワイザーの新しい取り組み「BE A KING」


世界約85ヶ国で愛飲されているバドワイザーは「BE A KING」をブランドメッセージとして、チャンスを掴もうとしている人々を応援する取り組みをスタートさせている。日本国内でも大胆なブランド活動を行い、ビール会社でありながらストリートブランド『HUF』とのコラボレーションをはじめ、音楽やアートなどの要素も取り入れ続けている。





すでに第1弾アーティスト発表と同時に『BUDXTOKYO』の無料入場チケットの一次応募受付もスタートしているので、気になる方はイベント公式サイトから応募しよう! 7月下旬に予定されている第2弾アーティストの発表では、さらなる海外・国内のアーティスト情報が解禁予定となっているので引き続きチェックが必要だ。


『BUDXTOKYO』イベント公式サイト



▼イベント概要▼


開催日: 2019年8月29日(木)から8月31日(土)

場所: CROSS DOCK HALL HARUMI(東京都中央区晴海4-7-4)


チケット: 入場無料(応募 & 抽選方式)

第1次応募申込: 7月17日(水)13:00〜7月31日(水)23:59

第2次応募申込: 8月1日(木)13:00〜8月25日(日)23:59




written by BsideNews

SHARE