アメリカ株式市場における2018年現在までで最も好調なIPO企業は、上場2ヶ月未満の大麻メーカーに

嗜好用大麻解禁を控えるカナダの大麻メーカーがアメリカ株式市場で躍進している。
SHARE
2018.09.06 22:00

カナダ・ブリッティシュコロンビアを拠点にする、医療用大麻の製造と販売を手掛ける企業Tilray Incが、2018年これまでのアメリカ株式市場における約200社のIPO(新規上場株式)企業で1番のIPO価格を示していることがわかった。


カナダの大麻メーカーが上場2ヶ月未満で大躍進


Tilray Incは、今年7月19日にアメリカのナスダック市場に株式に、大麻メーカーとしては初めて上場。それから2ヶ月未満となる現段階で、すでに7月の上場じから447%もIPO価格を上昇させている。Tilray IncのIPO価格上昇は、今年4月13日に中国・北京の企業AGM Group Holdings Incが記録した約420%の上昇を上回っているとのこと。また今夏、北米における大麻ビジネス指標は同期間で31%も高騰しているそうだ。






カナダでは10月から大麻の嗜好品使用が合法化


現在、アメリカでは20州以上で医療用大麻の嗜好用大麻の使用が認められており、コロラド州などは娯楽用での使用も認めている。またそれに伴い、Snoop Doggなどミュージシャンらもその市場に参入している。




一方、Tilray Incの本拠地カナダでも医療目的の大麻使用が認められており、10月からは嗜好品としての使用も合法化されるため、今後の需要増加が見込まれている模様。そのため、北米では大麻関連ビジネスが好調で、日本では違法な大麻も、海の向こうでは経済市場を席巻する一大勢力になっているようだ。


written by Jun Fukunaga


source:

https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-09-05/no-shock-here-best-ipo-of-2018-is-a-two-month-old-pot-purveyor

https://www.sankeibiz.jp/macro/news/180720/mcb1807201052027-n1.htm


photo: Tilray Inc




SHARE