【レビュー】フィールドレコーディングを駆使するYosi Horikawa、最新Waveコンピなど今聴いておきたいビート/ベースミュージック

Future Funkの雄、Night TempoによるLo-Fiヒップホップなど注目新譜をご紹介。
SHARE
2019.06.13 08:00

大物アーティストたちのリリースが続く中、今、オルタナティヴなクラブミュージックシーンの新譜がおもしろい。今回は、ビートミュージックやベースミュージックのフィールドで注目すべき最新作をご紹介したい。

Yosi Horikawa『Space』:ワールドクラスの日本人サウンドデザイナーによる約6年ぶりのアルバム 


今年4月に出演したRed Bull Music Festival Tokyo 2019でのパフォーマンスも話題になったYosi Horikawa。海外でも高く評価されるサウンドデザイナーによる『Space』は、2013年の『Vapor』以来、約6年ぶりとなるファン待望のアルバムだ。 


盟友Daisuke Tanabeとともに立ち上げた新レーベル「Borrowed Scenery」からのリリース作品となる本作には、ヒップホップ、IDM、アンビエントなど多様な音楽要素を持つ11曲を収録。街角の雑踏の音をダンサブルなテックハウス風トラックに取り入れた「Crossing」、水の流れる音をノスタルジックなメロディーと融合させた「Swasher」、民族音楽のトライバルなヴォーカルとメロディーを取り入れた「Nubia」など、いずれの曲も自らフィールドレコーディングした音素材を緻密に組み込むことでYosi Horikawaだけが作り出せる個性的なサウンドになっている。



【Apple Music】https://music.apple.com/jp/album/spaces/1463826014

【Spotify】https://open.spotify.com/album/3V8YAQt6ADKvL803nvq27L?si=bJIr65TeS9mahl__hflg_Q


VA /『Liquid Ritual: Vol.2』 :昨年に続くコンピ第2弾では”Waveシーンの最前線”をコンパイル 


昨年は、J-POPにも取り入れられ話題になったジャンル「Wave」。シーンの中核を担うレーベル『Liquid Ritual』からリリースされたのが『Liquid Ritual: Vol.2』だ。本作は同レーベルから昨年リリースされた第1弾に続くコンピレーションアルバム第2弾となる。  


もともと様々なベースミュージックの要素をもつジャンルだけあって、Neroのようなスタジアム仕様のダブステップを彷彿とさせるDzphoria, Yurie「Dirty Pills」、Basic ChannelのダブテクノをWave化したかのようなLTHL「Himes」、ベーシーなスロウテクノといった感じのElaksi「Must Be Dreaming」など本作では、以前の耽美的なイメージに捉われない曲が目立つ。一方でこれまでインスト曲主体だったWaveにメランコリックなメロディーの歌を乗せたKareful「Wake Me」、iSorin「Nucleus」、Kareful, Downstate「T.E.F.L」などWaveらしい耽美的な曲も収録。多様化するWaveシーンの最前線を感じ取れる内容になっている。



【Apple Music】https://music.apple.com/jp/album/liquid-ritual-vol-2/1460751544

【Spotify】https://open.spotify.com/album/2gsL8Zr5Mu3SeDIGA1ndTU?si=q1nVk8y6Rim2zhNFpGagwg


Night Tempo『Cityscape(Tokyo EP)』: Future Funkの雄がLo-Fiヒップホップに挑戦  


今年、往年のアイドル・デュオWinkの楽曲を公式リエディットした『Wink - Night Tempo presents ザ・昭和グルーヴ』をリリースしたNight Tempo。ネット上で根強い人気を集めるFuture Funkの雄として知られる彼だが、最新作『Cityscape(Tokyo EP)』では、まさかの同じくネット上で人気のLo-Fiヒップホップに挑戦してる。 


スムースジャズを思わせる曲をサンプリングした1曲目「Aoyama Killer Street」は、ホーンがメロウに響く都会の夜のインストヒップホップ。2曲目「Moonlight Tokyo Bay」は、このジャンルの源流ともいえるJ Dilla風のよれたビートが目立つため、この手のジャンルのマナーをしっかりと踏襲した曲という印象を受ける。



【Apple Music】https://music.apple.com/jp/album/cityscape-tokyo-ep/1467283712 

【Spotify】https://open.spotify.com/album/2t6heuK9gTvnvhEYRvEVnT?si=q68eyq8GTTejXnpF2ImIWQ

written by Jun Fukunaga 


photo:

Yosi Horikawa bandcamp


SHARE