beabadoobeeがデビューアルバムからの1stシングル「Care」をリリース

2020年9月開催予定のSUPERSONIC出演決定!
SHARE
2020.07.15 08:00

2020年9月開催予定のSUPERSONIC出演決定!英BBCの名物企画「Sound of 2020」にノミネートされた20歳の注目女性SSW、beabadoobee(ビーバドゥービー)がデビューアルバム『Fake It Flowers』(詳細は近日発表予定)からの1stシングル「Care」をリリース、更に同シングルのMVも公開した。


アルバムからの1stシングルとなる本シングルでは90年代オルタナティブ・ロックやグランジを感じさせるバンドサウンドの上で、繊細な歌声とシャウトが交差する印象的な楽曲に仕上がっている。


ダニエル・ジョンストンやスマッシング・パンプキンズなどからの影響を感じさせる温かみのあるローファイ・サウンドを聞かせる今シングル「Care」では、彼女自身の過去と向き合い「あなたの同情なんかいらない、辛い事もあったけどあなたは全く気にも掛けない」と叫びながらカタルシスを感じさせてくれる。


「この曲には高速道路をドライブしている90年代末期の映画の様なヴァイブスが込められているの。社会や私の事を知らない人、私を気にも掛けていない人達に対しての苛立ちとか。かわいそうなんて思って欲しい訳じゃ全然ない。只、私がどんな辛い思いをしてきたかを分かって欲しいの」、「パンデミックの最中にアルバムからの1stシングルのミュージック・ビデオを撮影するなんて思いもしなかった!このビデオをディレクションしてくれた制作チーム、ベッドルームと一緒にロックダウンできて私はラッキーだった。このビデオは今までで最もパーソナルでリアルなものの一つになったし、みんなにシェアできてエキサイトしているわ」


と今シングルとMVに関してビーバドゥービーはコメントしている。



フィリピンのイロイロ市で生まれ3歳でロンドンに移住、17歳で中古のギターを手に入れ独学でギターを学んだビーバドゥービーはThe 1975、ペール・ウェーヴス、ウルフ・アリス等が所属する気鋭レーベル<Dirty Hit>と契約。今までに計4枚のEPをリリースしデビューアルバムを前にNMEアワード「Radar Award(新人賞)」を受賞、UKとUSのツアー敢行すると今年にはThe 1975のUKアリーナ・ツアーのサポートアクトを務めた。 昨年からバイラル・ヒットとなっているPowfuのシングル「death bed」にフィーチャーされ、米Billboard"Hot Rock Song”チャート1位を獲得、TikTokで41億回、Spotifyで5億回の再生を記録。

 





 

【リリース情報】




アーティスト名:beabadoobee(ビーバドゥービー)

タイトル:Care(ケア)

発売日:2020年7月15日(水)

レーベル:Dirty Hit 

 

TRACKLIST:

1. Care  (3分15秒)

シングル絶賛配信中!

https://smarturl.it/su8tao






SHARE