注目新人SSW、beabadoobeeがデビューアルバムからの3rdシングル「Worth It」のミュージック・ビデオを公開

彼女が影響を受けてきた90年代オルタナティブ・ロックやグランジを感じさせる楽曲。
SHARE
2020.09.17 14:45

英BBCの名物企画「Sound of 2020」にノミネートされた20歳の注目女性SSW、beabadoobee(ビーバドゥービー)がデビューアルバム『Fake It Flowers』(10月16日世界同時発売)からの3rdシングル「Worth It」のミュージック・ビデオを公開した。


本MVは数々のbeabadoobeeの映像作品を手掛けてきたbedroomがディレクターを務めている。


デビューアルバムからの3rdシングルとなる「Worth It」に関して

「この曲はティーンネイジャーの不貞、そして何か試みようとした時に犯す過ちについて純粋に歌ったものなの。これは一種の告白ソングでもあり、それも人生の一部だということ」

とbeabadoobee本人はコメントしている。


1stシングル「Care」に引き続き、「Worth It」は彼女が影響を受けてきた90年代オルタナティブ・ロックやグランジを感じさせる楽曲。ローファイなバンド・サウンドの上で感情を剥き出しに歌うbeabadoobee最新シングル。



フィリピンのイロイロ市で生まれ3歳でロンドンに移住、17歳で中古のギターを手に入れ独学でギターを学んだbeabadoobeeはThe 1975、Pale Waves、Wolf Alice等が所属する気鋭レーベル<Dirty Hit>と契約。今までに計4枚のEPをリリースしデビューアルバムを前にNMEアワード「Radar Award(新人賞)」を受賞、UKとUSのツアー敢行すると今年にはThe 1975のUKアリーナ・ツアーのサポートアクトを務めています。 昨年からバイラル・ヒットとなっているPowfu(パウフー)のシングル「death bed」にフィーチャーされ、米Billboard"Hot Rock & Alternarive Songs”チャート1位を獲得、TikTokで41億回、Spotifyで5億回の再生を記録している。

 


【MVリンク】

1stシングル「Care」のミュージック・ビデオはこちら

リンク : https://youtu.be/9FpkHjJTrZY


2ndシングル「Sorry」のミュージック・ビデオはこちら

リンク : https://youtu.be/Pd73PBS3x9k






 


【リリース情報】


【シングル配信情報】




アーティスト名:beabadoobee(ビーバドゥービー)

タイトル:Worth It(ワース・イット)

発売日:2020年9月9日(水)

レーベル:Dirty Hit 

 

<トラックリスト>

1. Worth It  (3分14秒)

シングル絶賛配信中!


 

【アルバム情報】


アーティスト名:beabadoobee(ビーバドゥービー)

タイトル:Fake It Flowers(ファイク・イット・フラワーズ)

発売日:2020年10月16日(金)

レーベル:Dirty Hit 

品番 : POCE-23001

国内盤CD価格 : 2750円(税込)  

日本盤はボーナストラック(1曲)、歌詞対訳、ライナーノーツ付

 

<トラックリスト>

1. Care

2. Worth It

3. Dye It Red

4. Back To Mars

5. Charlie Brown

6. Emo Song

7. Sorry

8. Further Away

9. Horen Sarrison

10. How Was Your Day?

11. Together

12. Yoshimi, Forest, Magdalene

13. First Date (ボーナストラック)

日本盤ボーナストラック収録(1曲)、歌詞対訳、ライナーノーツ付




【プロフィール】




フィリピンのイロイロ市生まれロンドン育ちのビー・クリスティによるソロ・プロジェクト。2017年から本格的に音楽活動を開始し、ティーンエイジャーの持つ不安定さを上手く捉えた楽曲がZ世代の若者を中心に人気を集める。ファンによりアップロードされたファースト・トラック「Coffee」が数日で30万回以上ストリーミングされる。2019年には「Loveworm」と「Space Cadet」の2枚のEPをリリースしNMEアワード「Radar Award(新人賞)」を受賞。 BBCが有力新人を選出する名物企画「Sound of 2020」にノミネート、今年に入るとThe 1975のUKアリーナ・ツアーのサポートアクトを務める。Powfu(パウフー)のヒット・シングル「death bed」にフィーチャーされ、米Billboard”Hot Rock & Alternative Songs”チャート1位を獲得、TikTokで41億回、Spotifyで5億回の再生を記録。全世界の配信チャートを席巻している。






SHARE