Bandcamp Fridayが年内いっぱい継続、今年8月から再開へ

昨年に引き続き、6月はアメリカの奴隷解放記念日の売上全額をNAACPの法的防衛基金に寄付する。
SHARE
2021.05.31 10:00

昨年3月より、コロナ禍によって収益面での影響を受けたアーティストやレーベルを支援するために行われてきた「Bandcamp Friday」の開催期間が再び延長されることがわかった。



Bandcamp Fridayが今年8月から再開


Bandcamp Fridayは、今月を持って昨年末に延長が発表されていた今年度の開催スケジュールは終了しており、今後も継続されるかどうかに注目が集まっていた。

しかし、Brooklyn Veganによると、Bandcamp Fridayは、今年8月の第一金曜日である8月6日より再び毎月開催予定で今年12月まで継続されるという。



アメリカの奴隷解放記念日にあわせて、6月18日の売上をNAACPの法的防衛基金に全額寄付


また、6月はアメリカ合衆国で奴隷身分であった人々の解放を祝う祭日「ジューンティーンス(Juneteenth)」を祝し、その前日の6月18日(金)の売上全額を昨年に引き続き、NAACP(全米黒人地位向上協会)の法的防衛基金(NAACP Legal Defense Fund)に寄付する。

毎月第1金曜日の24時間に限り、Bandcampが通常差し引く手数料を放棄し、その分をアーティストやレーベルに還元してきた Bandcamp Fridayは、今年5月の時点で過去12回の開催によるユーザーがアーティストやレーベルに支払った金額の総額5200万ドル(約57億円)以上にもなることが報告されている。

また、Bandcampは、Bandcamp Fridayではファンが音源やグッズを購入した際に支払う金額から決済会社の手数料差し引いた金額にあたる平均93%、それ以外の日に購入した場合でも平均82%がアーティストやレーベルの収益になっていることを報告している。


なお、block.fmでは、今月のBandcamp Fridayにあわせておすすめアーティストを紹介しているのでそちらも合わせてチェックしてほしい。

関連記事:エモグライムなUKラップからフレンチエレクトロ好き必聴のポップディスコまで! Bandcamp Fridayで購入したいおすすめ作品5選


written by Jun Fukunaga

source: https://www.brooklynvegan.com/bandcamp-fridays-returning-in-august-2nd-annual-juneteenth-fundraiser-announced/

photo:



SHARE