アメリカ注目のシンガー&ラッパーAzealia Banks(アジーリアバンクス)について知ろう

アリーヤやビヨンセから「全ての女王」と称賛される歌姫の過去から魅力を探る
SHARE
2018.05.27 06:42

Azealia Banksってどんな人?




Azealia Banksは2011年のデビュー以来、音楽性で高い評価を受け、売上を伸ばしてきた注目のシンガー&ラッパーである。また、かわいらしいルックスと、自由奔放な発言で注目を集めてきた人物でもある。そんなAzealia Banksの経歴や人となりを紹介したい。



Azealia Banksのシンガー&ラッパーとしての経歴


Azealia Banksはアメリカ合衆国のシンガー&ラッパーである。本名は、アジーリア・アマンダ・バンクス(Azealia Amanda Banks)。1991年5月31日生まれで、出身はニューヨーク市マンハッタンだ。幼少期はハーレムで育ち、歌やダンスに興味が出始めた10代の頃にはミュージカル舞台に出た経験を持っている。パフォーミングアート専門のラガーディア高校に通っていた経歴の持ち主で、この学校はシンガー&ラッパーの先輩であるニッキー・ミナージュも通っているが、Azealia Banksは夢を実現するためにこの高校は中退をしている。


2008年から、MySpaceに自分の楽曲をアップし始め、同年Azealia Banksが17歳の時にXLレコーディングスと契約結んだ。2011年にはデビューシングル「212」を発表し、このシングルはNPR Musicの「NPR Music's 100 Favorite Songs Of 2011」に選ばれ、またクラブシーンでも注目を集める楽曲となり商業的に大成功を収めることとなる。その後、2012年には最初のEPである「1991」を発表。このEPは、全曲4曲を収録しており、マイナーなチャートでの成功を収めている。また同年のBBCのSOUND OF 2012では3位に選出されている。他にもこの頃、NME AWARD 2012の「BEST DANCEFLOOR FILLER」にノミネートされ、各メディアから新人女性シンガー&ラッパーとして、常に注目を集める存在となった。




2014年には、デビュースタジオアルバム「Broke with Expensive Taste」をリリース。デビュー以降、楽曲をリリースするだけでなく、ツアーも精力的に行っている。2012年にはファンタシー・ツアー、2012年から2013年にかけてはマーメイド・ボール、また2014年から2015年にはブローク・ウィズ・エクスペンシヴ・テイスト・ツアーを行い、毎年幅広く活動の場を広げ続けてきている。





私生活や日本との関係は?




Azealia Banksはシンガー&ラッパーとして、アリーヤやビヨンセからは「全ての女王」と称賛されるほど高い評価を受けている。音楽が高い評価を受け話題となる一方で、Azealia Banks本人の歯に衣着せない奔放な発言で注目を集めることも多い。特にTwitterでは多くの有名人を相手に、激しいバトルを繰り返してきた。特に注目されたものでは、豪女性ラップ歌手のイギー・アゼリアとのバトルや、アメリカ大統領選挙の時はドナルドトランプ氏の支持を表明し、炎上沙汰の騒動となっている。なおこれらのTwitterによる騒動に嫌気がしたのか、Azealia Banksは2016年3月にアカウントを閉鎖している。


また、私生活では両性愛者であること、2016年7月には自分の肌を明るく見せていること、同年12月には流産したことを告白している。


Azealia Banksの初来日はSPRINGROOVE 2012とサマーソニックで、新人シンガー&ラッパーとは思えない堂々としたパフォーマンスで日本の観客を魅了した。また2年後のサマーソニック2014にも再び出演をしている。2015年には3月に開催されたSpringrooveと東京単独公演を行っている。次回の来日予定は未定となっているが、今後の新しい情報に注目をしていきたい。


Photo: https://www.facebook.com/azealiabanksmusic/


Written by 編集部



SHARE