「混戦のアルバムランキング」Aretha FranklinがTOP10に登場! Nicki Minaj VS Travis Scottの行方は?

偉大なシンガーの突然の訃報により、悲しみに包まれている世の中。彼女が再びチャートを駆け上がる。
SHARE
2018.08.22 22:00

1961年にデビューしてからというもの世の中に影響を与え続けたAretha Franklin。数日前から重篤であることは知らされていたものの、突然すぎる彼女の訃報に世の中は深い悲しみに包まれた。


関連記事『クイーン・オブ・ソウル逝く。偉大なるAretha Franklin、がんとの闘病の末に逝去


アルバムチャートを駆け上がるAretha Franklin



悲しすぎる彼女の死は、現行のアルバムチャートに影響を与え始めている。Billboard200は彼女の偉大さをデータで示した。今から30年以上前の1985年、Aretha Franklinからリリースされた『30 Greatest Hits』が、グングンと順位を上げ今週のチャートで7位にランクインすることが判明した。合計で35000ユニット以上であると見込まれており、彼女の時代を超えた人気が伺える。


 

1位は誰の手に!? Nicki Minaj VS Travis Scott


先週リリースされた『Astroworld』にNicki Minajの『Queen』が挑む形となった今週のBillboardだが、軍配が上がったのはヒューストンの遊園地であった。初週よりもペースダウンしたものの、ストリーミングで圧倒的力を見せつけ1位を守り抜いた。よく練られたマーチの展開や、ツアーの発表も盛大に行われ、常に注目を引いていたTravis Scottの作戦勝ちであろう。


対するNicki Minajの『Queen』は、彼女のスキルを存分に見せつけた素晴らしい出来のアルバムであったが、僅かに及ばなかった。フィジカルでの売り上げにほぼ差がなかったお互いのアルバムだが、ストリーミングの差が命運を分けた。Nicki MinajがSpotifyに口撃したくなる理由も少しわかるかもしれない。また彼女の矛先はTravis Scottの彼女Kylie Jennerにまで向いている。プロモーションに彼女らを使っていると言ったものだ。あまりにもいろいろな方面に毒を吐くNicki Minajに、業界全体が怯えている。


  

それ以降は安定の名前が並ぶ



3位には延期されていたMigosとのツアーが開始し、今最もノリに乗っている男、Drakeが続いた。あと半年くらいはTOP10にいる勢いである。4位にはTravis ScottのツアーにGunna、Sheck Wesとともに参加することが決まったTrippie Reddの『Life's A Trip』が滑り込んだ。この表現が正しいかはわからないが、気持ち悪いジャケ写もまた印象的だ。その後は5位、6位とそれぞれPost Malone、Juice WRLDが続き、7位にAretha Franklinと繋がっている。


先週はTop8がHipHopで溢れかえり、時代の変化をデータから肌で感じたチャートだったが、今週はAretha Franklinがチャートインし時代というよりは現実を反映した姿であった。色褪せることのない彼女の功績が、こうして目に見えてわかるのはなんとも嬉しいことだ。


written by Yoshito Takahashi


source:

https://www.billboard.com/articles/columns/chart-beat/8470929/travis-scott-astroworld-no-1-second-week-billboard-200 

https://allhiphop.com/news/allhiphop-news-nicki-minaj-is-very-unhappy-with-the-roll-out-of-her-latest-album-queen-HUyLfEPnCUi2dARnz4ro6g/ 


photo: Aretha Franklin Facebook

SHARE