ラッパーACE COOL、自身の半生を描いた自伝的1stアルバム『GUNJO』リリース

客演にはJinmenusagi、Moment Joon、MuKuRoら参加。
SHARE
2020.04.17 12:00

​​表現者のそれぞれの価値感や個性が渦巻き、勃興する2020年現在の日本語ラップシーンの中で、次世代のラッパーとしてシーンの最前線に立ち、孤高の存在感を示すACE COOL。 ⻑い沈黙を破り、突如ミュージックビデオ「EYDAY」を公開、その後SNS上で、1stアルバムと思われるアートワークを公開し、ファン待望の新作、自身初となる全12曲を収録した1stアルバム『GUNJO』が、4月17日( 金) リリースされた。



短編映画のように“現在と過去”が交差し、“光と影”を映し出す。12の楽曲で、一人の人間の半生を描いた“自伝的 コンセプトアルバム”


『GUNJO』では、内向的な幼少期から、ヒップホップとの出会い。ラッパーとなり上京し、今に至るまでの物語を軸に 、”現在と過去”が交差し、“光と影”を映し出す12の楽曲による、一人の人間の半生を描いた、短編映画のような“ 自伝的コンセプトアルバム”となっている。


今作では、これまでのスタイルを踏襲するバンガーから、自身があまり多く語ることのなかったパーソナルな内容を淡々と歌う楽曲まで幅広く収録されており、客演には、盟友 Riou Tomiyama (Jinmenusagi), Moment Joon, MuKuRo,コーラスには玉名ラーメンが参加するなど、今までの作品に無かった、ACE COOLというアーティストの人間味、表現者としての奥行きを感じ取れる作品に仕上がっている。



 = Tracklist =


01. REAL

02. EYDAY

03. RAKURAI

04. SOCCER

05. BOTTOM ft. MuKuRo, Moment Joon 06. CADILLAC / FREE

07. FAMOUS

08. AM 2:00

09. ABUNAI / I KNOW ft. Riou Tomiyama 10. 27

11. 東京

12. FUTURE


= 発売概要 =




<アルバム発売日>

2020 年 4 月 17 日 (金) 0:00


< アルバム配信先>

iTunes,AppleMusic,Spotify,等


< 参加アーティスト>

Riou Tomiyama (Jinmenusagi) 、Moment Joon、 MuKuRo、玉名ラーメン (tamanaramen) 


< 参加プロデューサー>

Riou Tomiyama 、TOKYOTRILL、 DubbyMaple、NF Zessho、Atsu Otaki


= ACE COOL =




< PROFILE > 

広島県呉市出身のヒップホップMC。キャリア初期から研ぎ澄ましてき た”ラップスキル”、表現者としての歩みの中で得た”繊細かつ力強 い詩世界”は、聴く者の心を掴んで離さない。菅原文太や辰吉丈一郎といった人物を用い自身を形容する彼は、シーンの中で”孤高の存在”として威光を放っている。


ACE COOL Official HP: https://acecool082.com


< 経歴 >

2015年、KEN THE 390主宰レーベル「DREAM BOY」へ加入。2016年、雑誌「WOOFINʼ」のFreshmanに選出。 2017年、自身でディレクションをしたMVを多数発表し、同年末には「MAUE – EP」を配信リリース。また、翌年1月には盟友SKOLORとのユニットASIEN「Take Off – EP」、同年10月に自身2枚目となるEP「present progressive – EP」をリリース。2019年2月に「DREAM BOY」から独立し、立て続けにシングルをリリース、現在の活動に至る。

 





SHARE