スムースな歌声で魅了する。グラミー賞ノミネート歴もある人気R&Bシンガー・Jaheim

15年以上活躍し続けるR&Bシンガー
SHARE
2019.11.19 18:00

グラミー賞ノミネート歴もある人気R&Bシンガー・Jaheim


2000年にデビューして2001年にファーストアルバムを発売して以来、アメリカ人R&Bシンガー・Jaheim(ジャヒーム)は15年以上に渡って高いレベルでの活躍を続けている。今後はグラミー賞受賞の期待もかかる彼の歴史を紹介する。





R&Bシンガー・Jaheimの生い立ち


Jaheimは、ニューヨークに隣接するニュージャージー州出身のアメリカ人男性R&Bシンガーである。Jaheimとは彼のファーストネームで、フルネームはJaheim Hoaglandという。彼は、ニューヨーク市の約50km南西に位置するニュージャージー州・ニューブランズウィック(New Brunswick)にて1978年5月に生まれた。そして、3歳の頃に父親が死去するという悲劇が起こり、以降は様々な苦労をしながら育つことになる。


その後、10代に入ってからニューヨークにて歌を歌い始めるようになり、15歳の頃に有名な「アポロシアター」にて何度もコンテストに優勝して将来を嘱望されるようになる。そんな中、17歳の頃には父親に続いて母親も亡くすという悲劇を経験したが精神面で立ち直り、20代に入ってからミュージシャンとしての活動を活発化させた。



22歳でデビュー


22歳を迎えた2000年に大手の「Warner Bros Records」というレーベルと契約する事に成功し、同年秋にシングル「Could It Be」にてデビューした。するとこのデビューシングル「Could It Be」は全米R&Bチャートでなんと第2位にランクインしたほか全米総合チャートで上位に食い込む。そんな大ヒットシングルを含むデビューアルバム『Ghetto Love』は、R&Bチャートにて上位にランクインしたほか、全米総合チャートでもTOP10入りを果たす。


アルバム発売後には2つの曲がシングルカットされたが、2曲ともヒットした事でシングルカット作品を含むアルバムはロングセラー作品となった。なお、セカンドシングル「Just in Case」は2002年度のSoul Train Music Awardsにて最優秀R&B/ソウルシングル作品賞(男性部門)にノミネートされている。


2002年10月には「Fabulous」という先行シングルをヒットさせたのちセカンドアルバム『Still Ghetto』をリリース。こちらの作品もデビューアルバム同様に大ヒットした事で、2002年はJaheimにとって飛躍の年となった。




2006年発売の3rdアルバムが全米1位を獲得


2003年に関しては2ndアルバムから3つの曲をリリースしたJaheimは、2004年・2005年を3rdアルバムの制作に時間をあてた。そして、アルバムが完成するとまずアルバム発売に先駆けて自信作「Everytime I Think About Her」を先行シングルとしてリリース。年が明けて2006年2月に3rdアルバム『Ghetto Classics』をリリースすると、ファン待望の4年ぶりのアルバムはR&Bチャートだけでなく全米総合チャートでも首位を獲得した。




2011年にグラミー賞3部門にノミネート


全米1位を獲得した3rdアルバムは惜しくも大きな音楽賞へのノミネート・受賞を果たす事ができなかったが、2007年発売の4thアルバムも大ヒットした。2009年に入ると5thアルバムの制作に入り、完成すると2010年1月にはまず先行シングル「Finding My Way Back」をリリース。翌2月にリリースされた5thアルバム『Another Round』は全米総合チャートで3位に入ったほか音楽業界関係者からの高い評価を得る。


年末にはシングル「Finding My Way Back」がグラミー賞の最優秀R&B楽曲賞など2部門にノミネート。さらにアルバム『Another Round』はグラミー賞の最優秀R&Bアルバム賞にノミネートされた。2012年2月開催の授賞式では残念ながらノミネート3部門すべてを逃したが、このグラミー賞ノミネートにより、さらに評価が高まった。以降も良質の音楽を発表し続けているJaheimには今後、グラミー賞にノミネートされるだけでなく受賞の期待がかかっている。



written by 編集部


photo: facebook


SHARE