映像を中心とした独自サブスク型プラットフォームを開設できる「ZAIKO LABO」がローンチ!

アーティストやイベント主催者が、ファンに向けて映像を中心とした様々なコンテンツを直接届けることができる。
SHARE
2021.03.02 08:00

昨年のコロナ禍以降、いち早く有料配信ライブを提供できるサービスをスタートさせ、注目を集めた電子チケット販売プラットフォームのZAIKOが、新たにアーティスト・イベント主催者が、サブスクリプション型の独自デジタルプラットフォームを立ち上げることができる新サービス「ZAIKO LABO」の提供を開始した。



独自サブスク型プラットフォームで映像を中心とした様々なコンテンツをファンに直接届ける


「ZAIKO LABO」では、アーティストやイベント主催者が、自分だけのデジタルプラットフォームを持つことができ、ファンに向けて映像を中心とした様々なコンテンツを直接届けることができる。このサービスでは、サブスクリプションの料金設定や配信するコンテンツは、ユーザー側で自由に設定でき、過去のライブ映像や舞台裏など今まで2次収益化がかなわなかったオリジナル映像コンテンツのマネタイズも可能になる。アーティスト・イベント主催者による直接的なファンマーケティングを促進する狙いだ。



アーティストやイベント主催者には高い利率で利益を還元、ファンは特別なエンタメ体験を提供! 


また、「ZAIKO LABO」では、ほかのサブスクリプションサービスとは異なり、高い利率でアーティストやイベント主催者へ利益が還元されると同時に、ファンにとっては自分のお気に入りアーティストの特別なエンターテインメントを体験することができるようになる。さらに先日、ZAIKOは、A.C.T. Japanとの共同配信プロジェクト「In:Depth」で「ZAIKO LABO」サービスの活用が決定したことを発表。同社は今後、この新機能を通じて、アーティスト・イベント主催者とそのファンがより近く、直接結び付いていくためのサポートを行なっていくという。 


「ZAIKO LABO」が気になった人は、今すぐサービス概要や特徴をチェックしてみよう! 詳細は以下のとおり。

ZAIKO LABOの特徴:

① 映像コンテンツを好きなだけ公開

② 月額料金プランは自由に設定

③ 最短3日で開設

④ サブスクリプションの収益は、高い利率でアーティスト(主催者)へ還元

⑤ LABO会員限定の配信ライブも開催できる



ZAIKO LABO概要:


アーティストやイベント主催者が、自身のファンに対して独自の映像サブスクリプションサービスを提供できる機能です。音楽ジャンルのみならず、演劇やお笑いなどあらゆるジャンルで活用でき、会員となったユーザーに対し、アーカイブ期間の延長、過去の映像コンテンツや限定映像の公開、会員限定特典*をサブスクリプションの一環として直接提供し、収益化することができます。サブスクリプションの料金設定や会員限定の特典はアーティストやイベント主催者が自由に設定でき、サブスクリプション会員となったユーザーに対して過去の配信ライブや限定コンテンツを公開することで新たな収益機会を創出できます。サブスクリプションの収益は、高い利率でアーティスト(主催者)へ還元されます。

*例)ミュージックビデオ最速公開/アーティストからのメッセージ/ファンミーティング Q&A/ライブ当日までの密着 ・舞台裏映像/その他、未公開映像等


info:https://zaiko.io/labo


written by Jun Fukunaga


source:

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000034.000051311.html


photo: ZAIKO





SHARE