ダフト・パンクがDJ役で出演!! 映画『トロン:レガシー』のレゴがキュート

ダフパンが出演している快作、映画『トロン:レガシー』のLEGOが登場、思わずデスクに飾っておきたくなる出来だ。
SHARE
2018.04.09 03:30

あぁ…良い感じじゃん。


レゴのアイディアを投稿して、サポーターが一定数集まるとソイツが製品化される仕組み「LEGO IDEA」ってのがある。そこで映画『トロン:レガシー』(2010年)に出てくる「ライト・サイクル」のレゴアイディアに1万以上のサポーターがついて、製品化することになっていた。




ライト・サイクルのレゴ、良さそう


映画『トロン:レガシー』といえば、Daft Punk(ダフト・パンク)が音楽を手がけ、なおかつ劇中のDJ役としても“本人達が出演している”映画でもある。とにかくサウンドのパワーがすごくて、メチャクチャかっこいいのだ。


まだ見てないなら絶対に見るべし。




上記映像でもあるように、映画『トロン:レガシー』には、「ライト・サイクル」という、バイクみたいなかっこいい乗り物が登場する。それがレゴになったってわけだ。


いくつかのレビューを見ていくと、どうもLEGOを「作る」「組み立てていく」という楽しみは少ないように見える。なぜなら、ピースの数が230とレゴとしてはかなりイージーモード。


ただし、出来上がったライト・サイクルはとにかくかっこいい。






セット内容には2台のライト・サイクル以外にフィグが3体入っている。




フィグには、サム・フリン、クオラ、リンズラーが含まれている。トロン・レガシーの特別なボディと劇中に出てくるキーアイテム「アイデンティティ・ディスク」をそれぞれ含まれている。




ヘッドパーツは、笑った顔と怒った顔の二種類が含まれる。




ライト・サイクルといえば、グリッド・ゲーム上(ライト・サイクルをつかったバトルゲーム)で光の軌跡が特徴的なモノ。それをしっかりとレゴのパーツで表現されている。




全国のレゴストアでゲット可能


映画『トロン:レガシー』のレゴは、すでに北米で販売されていて、お値段35ドル(約3,700円)で手に入る。トロンのグリッドを思わせる台座もあるので鑑賞用も良いし、タイヤがちゃんと回転するからソレで遊ぶのも良いだろう。


このレゴは4月2日より、全国のレゴストアにて販売されている。飾りたい人、是非手に入れよう。


あと、映画を見てない人は、今すぐにでも借りに行こう。マジ音楽カッケーから!!


参考:

https://shop.lego.com/en-US/TRON-Legacy


https://ideas.lego.com/projects/6cffaaa2-6831-4b3d-a421-9057405b3f1b/updates


https://shop.lego.com/en-US/TRON-Legacy-21314


https://ideas.lego.com/blogs/a4ae09b6-0d4c-4307-9da8-3ee9f3d368d6/post/df1169b5-9e69-419e-a168-fe94f7421c8e


http://clickbrick.info/news/article/5735/








また、日本人レゴデザイナー鈴木 淳也さんのインタビューでもこのレゴを詳しく見れるので見てみよう!!




Written by kissaten
Photo:YouTube




SHARE