ハローフューチャー!! 歯に「貼り付ける」極薄センサーで健康管理の未来が変わる?

飲食物の成分が分かるセンサーを歯に付けると見えてくる未来。アメリカ、マサチューセッツ州のタフツ大学(Tufts University)の研究チームが、歯に取り付ける小さなセンサーを研究開発しているんだってさ。
SHARE
2018.04.04 12:00

歯に貼るタイプのセンサーで、健康管理の可能性が変わりそうな予感。


アメリカ、マサチューセッツ州のタフツ大学(Tufts University)の研究チームが、歯に取り付ける小さなセンサーを研究開発しているんだってさ。


そのセンサーの機能を知って、未来の健康管理が結構変わりそうだと想像できちゃう!!?




歯にペタッと貼り付けるセンサー


写真の歯に付けている、2mm×2mmの非常に小さいのがセンサーで、化学物質を検出するポリマーとアンテナとして機能する金色のリングで成り立っている。コイツで何をするかって言うと、人が食べたり飲んだりかんだりするモノの情報をスマホ等の何かしらのデバイスにデータを送る…というモノ。


センサーは周辺にある高周波信号を利用するから電源は不要だとか。


歯に貼り付けたセンサーから送られてくる情報を読み取ると、例えば、糖分、塩分、アルコールなどの量が分かるんだとか。現時点では、食べたものが「何なのか」分からないけど、それらの成分の情報から健康管理の助けになるのは確実。


小さなデバイスが未来を変えそう


例えばダイエットしている人なら、塩分などの取り過ぎをアプリが警告してくれたり、それらをグラフ化して管理することとなりモチベーションにも繋がる。また、医者にかかっている人なら、なおさらこのセンサーがあれば、普段の生活を身抜けられるから健康的に過ごすことにも繋がる。


こんな小さなデバイスが、今後の我々の健康管理に役立ってくれるのだ。良い未来が待ってそう。




え? レッドブルの飲み過ぎだって?

え? だめ?


良いじゃないの〜。 



参考:

http://www.sciencemag.org/news/2018/03/tiny-sensor-your-tooth-could-help-keep-you-healthy


https://arstechnica.com/science/2018/03/sticking-to-your-diet-this-tooth-mounted-food-sensor-could-transmit-the-truth/






Written by kissaten
Photo:AAAS




SHARE