The Weeknd(ザ・ウィークエンド)ってどんなシンガー?プロフィール、ライブ情報をご紹介!

R&BシンガーThe Weeknd(ザ・ウィークエンド)とは?
SHARE
2018.05.15 05:18


R&BシンガーThe Weeknd(ザ・ウィークエンド)とは? 


The Weekndはエチオピア系カナダ人の男性R&B(リズムアンドブルース)シンガー。2011年にインターネット上にて楽曲をアップしたことから、一躍有名になる。今回はそんな彼の詳細なプロフィール、代表曲、そしてライブの情報について紹介していく。


The Weekndのプロフィール


The Weekndとは彼のシンガーとしてのソロプロジェクト名で、本名はエイヴェル・テスファイ。1990年2月16日生まれ、身長は169cm。2012年にメジャーデビューし、2016年グラミー賞にて、「最優秀R&Bパフォーマンス」と「最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム」の2つを受賞したことによって、さらに話題となったシンガーだ。プライベートでは女性にモテモテと噂されている。元カノと言われているモデルのベラ・ハディッドは、別れたあともThe Weekndに好意的なメッセージをSNS上でアップしている。さらに、今カノといわれている女優で歌手のセレーナゴメスとは、デートスクープされ、今では関係者も2人の関係を認めているのだとか。フリーで活動しながらも着実に知名度を上げ、一躍音楽シーンの最前線に上り詰めたカリスマ性が、女性達を虜にしているのかもしれない。


音楽活動の人気もすさまじいもので、セクシーな歌声と、神秘的な旋律の楽曲、幻想的なミュージックビデオが多くの人から支持されている。代表曲、「I Feel It Coming ft.Daft Punk」では、ミュージックビデオに日本の女優、水原希子が出演したことから、日本でも注目を集めている。





The Weekndの代表曲


The Weekndの代表曲を語るうえではずせないのが、アルバム「Beauty Behind the Madness」だろう。2015年にリリースし、翌年にはグラミー賞を受賞したスペシャルなアルバムだ。そんなアルバム「Beauty Behind the Madness」のなかから、代表的な楽曲を紹介していく。


まずは全米1位をゲットしたヒット曲、「Can't Feel My Face」。どこかマイケル・ジャクソンを彷彿とさせるアップテンポなビートに、シンガー・The Weekndの武器であるハイトーンボイスが惜しげもなく披露されている。クラブハウスのステージで歌い上げ、ラストではThe Weekndが炎に包まれるミュージックビデオも印象的だ。




続いて、「Often(NSFW)」。スローなテンポと何かを予感させるようなミステリアスな旋律、そして無機質なコーラスが印象的な曲。高層ホテルのゴージャスな部屋で男女が集う、ムードがたっぷりのミュージックビデオも煽情的で美しい。

まさしく大人のR&Bと言える一曲。




最後は「Earned It(Fifty Shades Of Grey)(From The "Fifty Shades Of Grey"sound)」。クラシカルな雰囲気の楽曲に、ストリングスが良い味を出している。こちらもミュージックビデオがムードたっぷり。無人の観客の舞台ステージ上で歌うThe Weeknd。かなりきわどい衣装に身を包んだ女性ダンサーが、彼のバックで妖艶に踊る。イスやロープを使ったセクシーなダンスは、ブロードウェイミュージカル「バーレスク」を彷彿とさせる。これらの楽曲が収録されているアルバム「Beauty Behind the Madness」は、ミステリアス、妖艶、そしてグルーヴィーな、シンガー・The Weekndの魅力が十二分に伝わる名盤である。




The Weekndのライブ情報


シンガー、The Weekndの魅力を知ったところで気になってくるのが、来日の予定。実は、2016年に恵比寿のリキッドルームで一夜限りのショーを開催予定だったが、本人の都合により中止になってしまった。その後も来日の予定はたっておらず、生のThe Weekndを見られるのは、海外で開催されるライブのみとなっている。


Photo:https://www.facebook.com/pg/theweeknd/photos


Written by 編集部



SHARE