時代の最先端を進むトラックメーカー / DJ Tchami(チャミ)の人気曲

時代の最先端を進むトラックメーカーにしてフューチャーハウスの名付け親 DJ Tchami(チャミ)
SHARE
2018.05.10 05:36


時代の最先端を進むトラックメーカーにしてフューチャーハウスの名付け親 DJ Tchami(チャミ)


フランスのDJ Tchamiは、エレガントなピアノラインとヘビーなベースライン、そしてエモーショナルなヴォーカルを特徴としたフューチャーハウスの名付け親だ。クリエイティブなDj DiploやDJ Snakeとも交友があり、牧師のような衣装で、信仰心溢れるスタイルを視覚化した独特のステージは、雰囲気抜群だ。


Tchamiとフューチャーハウスと人気曲


1985年生まれでフランス・パリ出身のTchamiの本名は、Martin Joseph Leonard Bressoだ。Tchamiという名前はステージネームで、アフリカに行った時に名付けられた。Tchamiは新しいサウンドを創りたいと考え、Daft punkやUKシーン、1990年代以降のHIPHOPなど世界中の音楽を聴いてインスパイアされた。そして、世界中の音楽シーンで話題になっている最先端ミュージック、フューチャーハウスという言葉を一番最初に生み出した人物として話題になっている。




フューチャーハウスは、エモーショナルなヴォーカルにエレガントなピアノメロディとヘビーなベースラインが一体化した音楽だ。Tchamiの知名度は、Janet Jacksonの「Go Deep」のリミックスから始まる。完成度の高い洗練された新しいサウンドに昇華されたこの曲は、限りなくお洒落で大人なスタイリッシュサウンドだ。2013年の「Promesses」は、キャッチーな男性ヴォーカルにディープでクールなサウンドを合わせたセンスが輝き、UKチャート7位を獲得する。「Shot Caller」はHIPHOP的なヴォーカルに洗練された独特なサウンドを合わせ、不思議な世界観のあるアングラサウンドに仕上げている。2014年にはEDM業界を代表するレーベルSpinnin’ Records経由でのデビューシングル「Untrue」をリリース。お洒落な最先端サウンドで、ハウスとトランスの狭間にあるジャンルを超えた、フューチャーハウスという新しいサウンドを感じさせる楽曲に仕上げている。




2015年には自身のレーベルConfessionを設立し、フューチャーハウスからベースハウス、ディープハウスなどを取り扱うようになる。その後も数々の楽曲をリリースし、多くのリミックスを手がける。その中にはEDM映画のサントラで使用されたものもある。2017年になると、「Adieu」という新曲をリリースする。落ち着いた大人のサウンドでありながら最高にクールな仕上がりで、適度に盛り上がれる洒落た楽曲だ。新しいサウンドを模索し続けるクリエイティブなDJ Tchamiの、また新しい一面が伺える出来栄えの曲だ。TchamiはDJ SnakeやMercer、Martin Garrixなど、そうそうたる超一流DJとのコラボレーションも果たし、時代の先を進んでいるDJとして、業界内でも高い評価を受けている。




2017年のトゥモローランドやウルトラミュージックフェスティバルなど、世界中のフェスで観客を盛り上げ、日本でもULTRA JAPAN2017に出演して、日本の観客に最先端フューチャーハウスを聴かせ陶酔させている。


超クリエイティブでオシャレな曲を流すDJ Tchami


Tchamiは信仰心が強く、そのステージは実にユニークだ。聖職者のシンボルといわれるカトリックの聖職服を来てDJブースに立ち、教会を意識したようなVJが流れたり、ゴスペル歌手のヴォーカルが流れたりする。Tchamiならではの世界観が形成されていて、極めて独特なステージだ。洗練されたメロディアスでスタイリッシュなサウンドを、教会のようなステージの中で神父のような姿をしたDJが流す光景は、神々しさまで感じることができる。EDM界でも強烈な個性とお洒落なサウンドを繰り広げるTchamiは、次世代のハウスDJとして最先端のミュージックシーンをリードしている。


Photo:https://www.facebook.com/pg/iamTchami/photos


Written by 編集部



SHARE