Kanye Westが新曲を発表! T.I.と“あの問題”についてバトってるらしい!?

何かと話題のKanye Westが、“あの問題”について新曲を発表。ゲストにT.I.を迎えた韻の踏み合いにも注目!
SHARE
2018.05.03 10:00

突然のトランプ礼賛で全米を驚かせたKanye West。そんな彼が4月28日、突如新作を2曲発表した。そのうち1曲にキング・オブ・ザ・サウスこと、T.I.が参加したとの情報が入った!



カニエ・ウエスト VS 「民衆」の壮絶な韻の踏み合い



T.I.が楽曲参加した『Ye Vs. The People』では、トランプを支持するKanye(Yeezy)と反トランプ派のThe People(民衆)を代弁したT.I.による壮絶な舌戦が展開されている。


イントロでは、ロックの殿堂入りも果たした伝説のR&BグループFour Topsの『7 Rooms Of Gloom』をサンプリング。


バースに入ると、しょっぱなからYeezyは「I know Obama was Heaven-sent/But ever since Trump won, it proved that I could be President(俺だってオバマが神の使いだったことは知ってる。でもトランプが勝って以来、俺だって大統領になれることが証明されたぜ)」とトランプ大統領の当選を肯定的に捉えるような発言をする。そこでT.I.は「Yeah you can, at what cost though? Don’t that go against the teachings that Ye taught for?(なれるかもね。でもなんのため? それってYeezyのこれまでの考えに反するんじゃないの?)」とみんなが聞きたかったことをライムにしてくれている。


この続き、気になるよね? 『Ye Vs. The People』は各ストリーミングサービスで公開中とのことだから、気になる人はぜひその耳で聞いて欲しい。



YeezyとT.I.による場外戦も見逃せない


Yeezyの公式サイト KanyeWest.comでは楽曲制作の裏で行われた二人による議論の様子をデオで公開。話題は政治、そして、Yeezyの“Make America Great Again(通称・MAGA)”ハットにまで及んだ。



MAGAハットとは、トランプ大統領のスローガンである“Make America Great Again”をロゴ化した帽子でトランプ支持者がよく被っていることで知られている。Yeezyも4月25日にこのMAGAハットの写真をアップ。



このツイートにはトランプ大統領からも反応が。


この動画の中でT.I.がYeezyになぜMAGAキャップの着用をやめないのかを問うと、彼は「平等への戦いのためだ」と答えた。

一方で「トランプが言っていることは半分はクソみたいで賛成できないと思っている」とも主張するYeezy。


T.I.の問いかけだからこそ今回の問題についてのYeezyの本音が引き出されているように感じる。この動画、以下のリンクからその全容が聞けるのでYeezyによる迷走の真相が気になる方は必見だ。


KANYE WEST



written by Kotona Hayashi


source:

https://hiphopdx.com/news/id.46676/title.t-i-kanye-west-debate-politics-the-maga-hat-in-behind-the-scenes-video

https://hiphopdx.com/news/id.46644/title.kanye-west-t-i-debate-trumps-politics-on-ye-vs-the-people

https://itunes.apple.com/jp/album/ye-vs-the-people-starring-t-i-as-the-people-single/1377984289?app=music&ign-mpt=uo%3D4

http://kanyewest.com/


photo: HIPHOP DX



SHARE